« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

痛い!!!

今日、所用で知人のお宅を訪問中、大けがをしてしまった。押入れの中から物を取り出そうとして立ち上がった瞬間、頭上にあった木製の棚に気づかず、その棚の角に頭を思いっきりぶつけてしまった!目から火が出る思いとはこの事かと思うほどの打撃で、「イッタ~~~イ」と手を当てていると、床にボタボタボタッっと“血”が落ちてきた。持っていたタオルで押えたものの、そう簡単に止まるもんじゃない。それに、頭や顔の血管は細かくたくさん走っているので、ただでさえいっぱい血が出てくるのは必至。鏡でどうなっているのかと見てみるとなんと5・6cmくらいに切れていて、バックリ開いていた。こりゃ~血がたくさん出るはずだわ!なんてノンキなこと思ってるくらい余裕はあったが押えていたタオルもあっという間に血に染まり、チョー痛いことには変わりない!オッチョコチョイにもほどがあるが、ショックでフラフラするわ、頭痛はひどいわで、しばらく休んだのち、ある程度止血もしたので、このままにしておくわけにもいかず病院へ行って来た。案の定、6針も縫う羽目になった。縫う前の麻酔がこれまたとても痛くて泣きそうになる。。。今までこれほどまでに外科のお世話になったことがないので、大げさに巻かれた包帯を見て、重病人のような気持ちになってしまう。

2週間くらい前の土日に原因不明の強烈な頭痛に襲われたことがあったのだが月曜日になったらケロッと治ってしまったため、そのままになってしまっていた事があった。そのときのことを思い出し、この機会にとCTスキャンも撮って来た。結果は『異常なし』ということで、前々から気になっていたオツムの中も問題ないとわかってホッと一安心(転んでもただでは起きない!)。けがの場所も、頭の中というわけでも、目のところというわけでもなく、オデコの生え際あたりだったので、こちらもいろんな意味でラッキーと言えよう(不幸中の幸い!)。それにしても最近災難続きの私、、、こっそりお祓いにでも行ってこよっかな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ランチ♪

omu
今日のお昼休みには何を食べに行こうかと相談した結果、オムライス!ということになった。
職場の近くに美味しいオムライスの専門店があって久しぶりに仕事仲間4人で繰り出す事にした。
お店はその名も『金の卵』。スパゲッティーなどもあるイタリアンなお店なのだが、とにかく種類が多い。中に入っているライスも、バターライスや、デミグラスソース仕立てや、ケチャップのライスなど、好きなものを選ぶことが出来る。オムライスの上には、キノコやハンバーグ、エビや豆腐まで乗ったりしているのもある。かかっているソースもこれまた多種多様でクリームソースだったり、デミグラスソースだったり、マーボードーフだったり。。。。。とにかく選ぶのにも迷ってしまうほど種類があるのである。というわけで本日のお昼ごはんは、ランチメニューにした。ハンバーグが乗ったキノコ入りデミグラスソースで、ライスは黄色い(たぶんサフランで色づけしたのかも)バターライスだった。ここのオムライスはもう一つ、大きさも選ぶことが出来る。私はSサイズ(通常サイズ;写真)を注文したが、とても大きくて少し残してしまった。友人にいたってはSSをたのんだにもかかわらず残しまうほどのボリュームである。Sがあるということは当然MもLもあるわけで、入り口のウィンドーに飾られている見本を見る限りでは到底食べきれるものではない!というのがわれわれの感想だったわけだが、考えてみたら一人で食べなければいけないというわけでもないので、大勢で行った時には小皿に分けたりして食べるのも良いかもしれないねぇ~と話していた。ちょっと前に『ランチの女王』というテレビドラマが入っていたが、それに出てくる『オムライス』がまた、今日食べたそれととても良く似ていて、やっぱ“ランチ”は“オムライス”が定番なのかな?なんて思ったりもした。
ジュースもついて800円ほどの今日のランチ!お腹がいっぱいになった私たちは「夕飯いらないね~」と言いながら、午後は満腹感と背中合わせに眠気と戦って仕事する羽目に陥っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スキルアップ。

kyosyujo
暑い毎日が続いている。今年の冬は大雪だったので夏はいつもより雨が少ないように思う(年間の降水量ってだいたい同じなんだろうな)。まだ6月だというのに夏日ばかり。私はうれしいけどね!さてそんな暑ーーーい日曜日、市内の自動車教習所を借りての、ある講習会に参加してきた。お年寄りや、体の不自由な人を乗せて運転する人のための講習会。自分も目隠しをして、水の入ったコップを片手に車の後部座席に乗ってみた。普段なにげなく乗っている車だが、不自由な状態で乗せられるとなんと怖いものか。。。今度はそういう人の気持ちを考えて運転する側になってみる。発進も停止も、はたまた、カーブや坂道も気配りが大事。かといってビクビク運転してたのではかえって危ない。走行中の声がけや身体への配慮もいっそう大切だと感じた。普段一人で乗っているときはお気楽に運転しているけど、それとは大違いでとても緊張した一日だった。そんな貴重な体験をしてチョットだけスキルアップした気分の私である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏至。

lavender
家の近くの幹線道路には約4kmほどの長さにまでわたってラベンダーの苗が植わっている。
このラベンダーは北海道の富良野にあるラベンダーと同じ種類のもので季節になると真っ青なベルト地帯が出来上がる。それらもそろそろ、つぼみが膨らみ、夏の訪れを告げている!!!

今日は夏至である。
一年のうちで昼間が一番長いとき。。。
夏はまだ来てないし、これからどんどん暑くなっていくのに、昼夜の折り返しはもう今日から。。。
今朝の天気予報で「弘前の日中の予想最高気温は28℃です。」と、東京と同じ気温を言ってたのだが、朝8時にしてすでに27℃にまでなり、あららら。。。と思っていると、結局32℃にも上がったようだ。確かに暑かったは暑かったが、湿度はそれほどでもなかったので、さほど辛くはなかった。。。そもそも私は暑いのは大好きなので、かえってうれしかったりもする。変わってアルゼンチンでは暦の上で今日から「冬」、まったく正反対に位置する国なのだと改めて感じるところである。聞くところによると、最近めっきり寒くなって、しっかり冬らしくなったというブエノスアイレス!さむ~~~いこの日にOPENとなった友人のラーメン屋さんはまさに絶妙なタイミングと言えよう。私はその場にいて「お客さん!あったか~いラーメンを食べていっぱいスタミナをつけてね!」と言いたい気分!でも、私は実際の体感温度が30℃なので、「あったか~~~いラーメン」でなく、「つめた~~~いソーメン」の方が食べたいかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

似合うもの。。。

asado
今日は気分もいいし、天気も温かだったので、帰国して2週間目にして恋しくなってきた日本版ASADOを食べる事にした。あいにく肉は豚肉だが骨付き肉を買ってきて、主人は炭をおこしチョリソ(荒挽きソーセージ)と共にじっくりと焼いた。私はこちらもアルゼンチン版サラダを!と、トマト、水菜、パルミットをレモン汁とオリーブオイルと塩で味付けし、塩ゆでしたアスパラを付け合せてSALSA GOLF(?)でいただくという念の入れようである。もう一つ大事なのが飲み物!ルイジ・ボスカのマルベックを用意してもう気分はアルヘンティーナである。
ところで話は変わるが、私はコーヒーでもお茶でも何でも取っ手が付いていて便利なのでコーヒーカップを使って飲む。ところが友人のおじさん「俺はお茶は湯飲みで飲まないと飲んだ気がしない」とかたくなに言う。まぁ、確かに、スパゲッティーを箸で食べるようなもの?刺身をフォークで食べるようなもの?そんなミスマッチを言ってるのだろうが・・・。してみると、本日の日本版アサード!完璧なまでのサラダとワインまでは良かったものの、“おにぎり”と“お箸”の登場は少々詰めがあまかったか!!!・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Che~~~!

che
昨年秋、公開された『モーターサイクルダイアリーズ』。
弘前では公開されず、たまたま東京に行っていた私は、恵比寿ガーデンシネマに見に行った。
チェ・ゲバラの青春!って感じの内容と南米大陸の広大さに大満足して帰ってきた。
この度DVDになり、残念ながら見そびれていた知人は待ってましたとばかりに購入!すかさずもう一度見たいと思っていた私もちゃっかり(買わずに)借りた。あの広大なスケールを大画面でなくテレビで見るにはちょっと迫力に欠けたけれど、もう一度見たかった“あのシーン”“このシーン”も、ゆっくり見ることが出来てうれしい。
そういえば帰国の際、ブエノスアイレス=サンパウロ間の飛行機で隣に乗り合わせた21歳の青年。彼はドイツ・ベルリンの学生でこれからマドリードへ行くと言っていた。私達は英語とスペイン語をmixしたなんとも奇妙なナンチャッテ・カンバセーションで2時間ばかりのフライトを楽しんだ。なんと片言ながらにも若者の頭の柔らかさのおかげかお互いの意思は通じ、さらに日本語、ドイツ語を教え合ったりもしたので、さらに面白さは倍増。2時間なんかあっという間にすぎてしまった。
その会話の中で、この『モーターサイクルダイアリーズ』が出てきたのだ。
彼が中米からアルゼンチンへ来てヨーロッパに帰るというので「チェ・ゲバラみたいだねぇ~!『モーターサイクルダイアリーズ』を見た?」と聞くと、「もちろん!」といいながら、いきなり中南米大陸の地図を書き出した。「僕は(チェ・ゲバラが冒険したように)最初、メキシコなどの中米に行き、カリブから南米に入り、バスや、飛行機などを乗り継いでペルー、チリ、アルゼンチンと周って来た。これから、マドリードへ行き、フランス、スイスの友達のところを訪ねて家に帰るんだ~!」と言って、自分をチェと重ねていた。
本当に楽しそうに話す彼の話を聞いていて、男の子と言うこともあるかもしれないけど、“学生”という良い時期にそういう経験をしてきたという事に私はとてもうらやましかった。あと20年若かったら・・・そして同じような時代環境にあったなら・・・好奇心の強い私は、同じ事してたかもしれないなとフッと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

元気が欲しい!

今朝、仕事に行く途中、車を運転していると、道路を横切るように連なって歩いている“昔のお姉さま達”がいた。ナンダロウ~?と、そのときは気にも留めなかったのだが、帰り道またしてもそのあたりまで来ると今度はゾロゾロと集団で歩いていた!そのお姉さま達が出てくるところを見てみると、看板が立っていて、昔流行った演歌歌手、川O美Oのショーが行なわれていたようだった。場所はいわゆる中央市場(メルカード)で、朝一番の賑わいが終わったら、あとは大きなスペースが確保できるそんなところである!出勤の時間から、退社の時間までなので、結構長い時間ショーをやっていたのだろうか。。。ちょっと前のお姉さまから、かなり昔のお姉さままで、リュックサックを背負ったり、大きな袋をさげて、(たぶんお菓子やお弁当なども入っていたのであろうか)いっぱいの人が歩いていた。この辺のお姉さまたちは、まったく元気がいい!私なんかはスマップがきても、EXILEがきても、ヨン様がきても、これほど燃えないだろうな~。
ところで一方、こちらは暗い話だが、最近とても自殺者が増えているという。1日に88人、総数は1年間に3万人を越える数だそうだ。原因は「健康」と「経済生活」が2/3を占め、そのほとんどがうつ病やうつ状態に陥っているとのこと。精神的なケアが重要になってくる。なんと、自殺者の多い県が秋田、岩手、青森、鹿児島だそうで、こちらは地域介入により自殺予防効果も出てきているとか・・・。
むか~~~しのお姉さま~!世の中に元気をいっぱいわけてくださいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レストラン【風来坊】

furaibo
今回のアルゼンチン行きの第一の目的はこの【風来坊】であった。
友達のGustavoのずっと前からの夢であるこのレストランがいよいよOPENするということで、手伝うためにチケットを取った。あいにく、滞在中準備が万全整わず、ウェートレスとしては活躍できなかったが、ちょ~~~っとだけ、手伝ってきた。この先訪れた方!墨で書いたメニューの下手~な字が私の置き土産です(笑)。
OPENはできなかったものの、滞在中はほとんど毎日このレストランにいった。なんと行っても場所がいい!五月広場より1ブロック歩いたところだから、行動の中心になるのも当たりといえば当たり前!
店内も完全ではないとはいえ、99%は完成状態。写真(HP参照)でもわかるように【和】を感じる暖かい雰囲気のお店である。本当は活気に満ちた店内で注文を取り運び、走り回ってきたかった・・・・・。
もう一つ、ちょうど訪亜中に私のOO回目の誕生日があったので、このレストランでFIESTAをしてくれた。
はじめての、アルゼンチン風バースディーパーティー(Fiesta de Cumpleanos)。
リクエストにこたえてくれて、大好きなASADO!他に何人もお友達を呼んで、賑やかな一夜となった。
叶わぬ夢、叶った夢、いろいろな想い出を残してきたレストランである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

時の記念日。

jikan
今日6月10日は『時の記念日』である。
普段、“時間”など特別に気にも留めないけど一年に一度くらい考えてみるのも良いかもしれない。
世界各国住んでいる人たちの生活に合わせて“時差”というものがあるけど、今の“この時、この時間”は“おなじ時”を生きている。ドラえもんの『どこでもドア』なんかがあって、反対側のアルゼンチンのお友達のところに顔を出せば、アルゼンチンでは12時間前だけど“今”は“今”なのだ。違うのは暦の上だけのことだと頭ではわかっているけど、実際にも12時間前なんじゃないかと錯覚をしてしまう・・・。
日常の生活の中で時間がもったいないと言っては分きざみで動いていた時もあった。
好奇心いっぱいで、欲求をすべて満たそうと、寝る間も惜しんで時間を費やしていたあの頃・・・。
この間から体調を崩して、一日中何もせず、ベッドに転がっている。昔だったら一日がもったいない・・・なんて考えたかもしれない。でも今はそんな時間の使い方も有りかな?と思う。忙しくないと落ち着かないような感じがして自ら走り続けた人間には大切な時間の使い方なのかもしれないって思っている。そういう時間も必要なんだなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »