« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

ニュアンスの違い。

小さな子や赤ちゃんに、津軽弁で「丈夫な子だねぇ~」といえば、「なんて健康そうに太っていて、栄養満点なんでしょう~!」というほめ言葉になる。“丈夫”という言葉は「体が丈夫=太っている」なんだが、大人の人に「丈夫になったんじゃない?」と言えば、津軽の人は「体は弱くないですよ~」なんてボケる人はいない。「エッ?太った?」ってリアクションになる。人に「あんた太ったんじゃない?」と言われれば気分が悪いけど、「あんた丈夫になったね~」と言われるなら、その意味がわかっててもそう嫌な気分にはならないのが不思議。お得な方言である。ただ、太めな人間にとっては悪い意味合いではないとわかってても、言われたくないけど・・・。
ときにスペイン語(アルゼンチン語)は一つの言葉でも複数の意味があるので感覚の違いで受け取るニュアンスも変わってくる。一番わかりやすい言葉でVIEJOなどは“古い”とか“年寄り”、“おじいちゃん”と言う感じだけど、アルゼンチンの人にすると、あながちそれだけとも限らないらしい。もちろんそういう意味もあるけど、友達などと話してて「うちのVIEJO がね~」といえば「うちのオヤジがね~」と言った感じで、単に自分の父親や母親をVIEJO VIEJA(オヤジ!おふくろ!)と親しみこめて言う言葉なんだそうだ。日本人だとそうは聞いていてもどうしても「ジジイ」と言うイメージがあって「なんて失礼なー」と思ってしまうが私などはイメージを言うならば「セニョーラ」とも言われたくない(では「セニョリータ」かなんて言ったらアツカマシスギだな(笑))。
そういう言葉の感覚的なニュアンスは津軽弁にしてもカステジャーノにしても、その土地に生まれ育った人にはわかるけど後から住んだ人間には、なかなか理解するのはむずかしい。まして説明されてわかるものでもない。頭ではわかってても、日本人的感覚だったらVIEJAと言われれば「ババァ~?」ってカチンと来るだろう。(悪気はないとわかっててもね!)
一つの単語に何通りもの意味合いが含まれているカステジャーノ、友達は日本の婉曲表現と同じだと言うけど、なるほど日本語にも確かにそういうのがあったな~と考える!下手するとイヤミとかヒニクとかあるもんな。じゃあカステジャーノだったら語彙も少ないし意味もいろいろあるのでそれが「“悪意”なのか“善意”なのかわからないね!」と言ったら、「発音の仕方でなんとなくわかるようになるよ」とのこと。(それが理解できるようになったら究極だな!)
こういう言葉の持つ意味・ニュアンスの違いは日本人とその国の人の感覚的違いで、長く住んでいると自然となんとなくわかるようになるのだそうだが、やはり理解出来るところと、どうしても出来ないところとがありそうだ。まぁ、それも人によって、言葉によってなんだろうけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こんな道あんな道。

弘前は城下町なので細く、曲がりくねっている道が多い。
新興住宅街や新しく造成した区画なんかは碁盤の目の様になっているが、お城のまわりや特に昔からの街並みでは道が入り組んでいる。なぜ“城下町だからなのか”というと、ここへ来たての頃タクシーの運ちゃんが「お城には殿様がいるので、敵が攻めてきて道で矢や鉄砲を撃ってきても当たらないように道が曲がりくねっているんだよ」と教えてくれた。確かに!しかも道が狭い!
現代でも弘前は家を探すのも結構面倒だ。〇〇町1丁目13-6という風な住所だから、まず町名の場所がわからなきゃならないし本当に道が入り組んでるので歩いてるとどっちが北だかわからなくなってくることもある。
大きな車は運転がしづらいし、一方通行も結構あるしね!
それにひきかえ、札幌などは中心地は碁盤の目になっているので、住所を聞いただけで、だいたいの位置がわかる。南〇〇条西〇〇丁目とか、北〇〇条東〇〇丁目とか。
そういえば京都の街も同じだな~。碁盤の目になってて通りに名前がついてる。中心地の東西の通りについてはわらべ歌があってそれで覚える事ができる。『姉さん六角、蛸、錦~♪』と。私もそこまでしか知らなかったが詳しく調べたら、次のようなこと・・・。
『北の丸太町通りから南の五條通りまで、「丸竹夷に押し御池♪ 姉さん六角蛸錦♪ 四綾佛高松萬五條♪」となっていて、「丸太町」「竹屋町」「夷川」「二條」「押小路」「御池」「姉小路」「三條」「六角」「蛸藥師」「錦小路」「四條」「綾小路」「佛光寺」「高辻」「松原」「萬壽寺」「五條」以上の計18の通りがある』。
しかも、何条何丁目ではなく南北と東西に走っている通りの角(交差点)を基点に、そこから上ル(北へ)、下ル(南へ)、東入ル、西入ルで済ませちゃうみたい・・・。
ブエノスアイレスの道も碁盤の目になっていて、すべての通りに名前がついている。そして番号(番地?)で目的地がどの辺かがわかるから、通りの名前さえ覚えていれば若しくはわかれば、簡単に行き着くことが出来るということである。そしてほとんどすべての道が一方通行になっている。
こんなエピソードがある。以前友人に車で迎えに来てもらうため約束してた通りに立ってたんだけど、なかなか来ないので通りの向かいにあるKIOSCOにミネラルウォーターを買いに行った。ところがその隙に来ちゃったもんだから私がまだ来ていないと思った友人は通り過ぎ、気がついたときには次のブロックに・・・。Uターンも出来ず、バックも出来ず、ぐるっと一回りする羽目になってしまった。車は駐車できないんだからね!と怒られちゃった。
こんな想像をしてみた・・。もし、車に乗っている時に追いかけられたら、自分の車を追い越させ、手前の交差点でサッと曲がっちゃったらもう追いつくことは出来ないな。全部の道が一方通行だから、容易に撒くことができるかも!なんて007顔負けの想像を(笑)!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

春の日。秋の日。

私の大好きなアルゼンチンは今日21日に春の日を迎える。
日本は23日が秋分の日。どちらの国も過ごしやすくなってきた。
スーパーなどに行くと「おはぎ」や「団子」がいっぱい並べられているが、まさかアルゼンチンで団子はないだろう~。ちょうど今ごろは気温も気候的にも暑くもなく寒くもなく、毎日なぜかお昼寝をしたくなっちゃうZzzz。同様にあちらにいる友達も「眠い!眠い!」を連発している(笑)。
今日のブエノスは曇り空らしいが、日中になると気温も上がり20℃は越すだろうと言っていた。学生・生徒達は学校が休みでみんなこぞってピクニックに行くとか・・・。学校の行事ではなく、それぞれが計画して公園などに遊びに行く。お弁当を作る親も大変!?それとも自分で作るのかな???また春の日には男の子から女の子へお花をプレゼントする日でもあるとかで、今日はお花屋さんも大忙しなことだろう~。学生だから花束とはいかないかもしれないけど、たった一輪の花だったとしても、もらう方にとってはうれしいに違いない。さすがラテンの国!情熱のアルゼンチン!である。そんな習慣がチョットうらやましいぃ~・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

胃もたれ改善、トマトソース!

salsa
今週はバイトも肉体労働で次の日には全身筋肉痛に見舞われ、プライベートでも結構忙しく、飲み会も続いてしまった。気温も朝晩は涼しいものの、残暑もあって日中は蒸し暑い。そうなると普段から不摂生をしている私は、たちまち胃腸障害。胃がもたれてしまい「なにも食べたくない病」。そこで“お助けメニュー”なのがアルゼンチンでもお世話になった『トマトソースのスパゲッティー』。アルゼンチンにいると、どうしてもお肉中心の食生活ですぐ胃を悪くする私は、食欲が落ちていても不思議とお腹に入り、メッチャすっきりするこのパスタが大好き!プロのお味にはほど遠いが、見よう見まねでさっそく作ってみた。お肉は入れずカルド・デ・ガジーナと塩コショウで味付け、隠し味にレモン汁も入れてみた。出来上がりは見た目はGOOD、味はまあまあかな~。スパゲッティーの種類が多くないので選ぶといってもせいぜい太さくらい。ブエノスで食べた手作りパスタは味も食感も違うので、なぜかつい思い出して恋しくなってしまった。でも手作りパスタを作るだけの元気はないが、味に関してはもう少し何とかなりそう・・・。今度はもっとハーブとかも使って、少しでもブエノスで食べたトマトソースに近づけるよう研究してみよう~。
食後のデザートにはこの秋収穫されたナシでこれまたサッパリ、サッパリ~~~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

パワーストーン!

パワーストーンのお店に行ってきた。
そんなに大きくないお店なのだが、所狭しと店中に様々な石が並んでいる。
その石はお財布の中に入れておけるような小さなものから、台座に置いておくような大きな物まで大小さまざまで、形も自然のものから、丸く加工されていたり、勾玉のようになっていたりしている。また石に穴があいていてブレスレッドやネックレス、ピアスが自分で作れるようにキットになっていてそのパーツも売っていた。石にはそれぞれ意味づけがあって、それらがその石のパワーだというのだ。
一つ私の目をひきつけたコバルトブルーの小さな石があった。その石の名前は『ラピスラズリ』。希少価値なのか他のものより値段が少し高めだった。で、その意味を見てみると“あらゆる幸運を引き寄せる。”と書いてある。はじめブレスレッドが欲しかったんだけど、やっぱチョット高いのでピアスを作る事にした。これであらゆる幸運は私のもの~~~!(笑)なわけないが、小さな石が一個付いたそのピアス、私のチョットしたお気に入りになった。
そういえばアルゼンチンの特産の『ロードクロサイト』もあった。こちらの意味は“実り豊かな人生に導く”。インカのバラも大小さまざまあったが、やはりかなりの高価品!キレイな透き通ったピンク色になると直径6・7mmの玉が一個5000円近くもしていた。ビックリ!まぁ、インカのバラは、いろいろ持っているので購入しなかったが、その他の石たちも意味と照らし合わせて見ているとなかなか面白い。
また、石といえばブラジル。ブラジル・サンパウロのお店で良く見かけた『石の花』や中が色鮮やかな模様になっている石の置物があったり、アルゼンチン・ミシオネス州のワンダで見かける紫水晶やメノウ(?)もあって、なんか南米を思い出し、心なしか、うれしく元気になってしまった。これは一種のパワーストーン???

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

危険を回避するためには・・・。

9月に入り、だんだんと残暑の暑さも和らいできた。
アルゼンチンでも春が訪れ日中の日差しはもう暑いほどだと聞いた。
弘前では車の中でもエアコンを使わず窓を開けるだけで涼しくなってきた。一方ブエノスアイレスでは、エアコンをつけるほどではないが窓を開けて運転するようになったそうだ。それだけ暖かくなってきたという事!ちょうど同じような季節になってきたのかもしれない・・・。ところがブエノスではその“車の窓を開ける”というのが問題なのだ。日本では考えられないが、「暖かくなってきたから運転するのに気を付けてね~」と言われるのだそうだ。つまり、窓を開けて腕を出して運転してたら信号待ちのときや徐行の時に人が寄ってきて若しくはバイクが寄ってきて時計などをヒッタクラレルという。ここでは右ハンドルだがアルゼンチンは左ハンドル。当然窓の外に出る腕は時計をしている腕だなぁ~。また助手席に上着などを置いているだけで、近寄ってきた何者かが窓を割って、またはドアを開けてすかさず盗んでいくのだと言う。だから運転中も必ず鍵はかけておかなければならないらしい。また、降車するときには後部座席にも何も物を置いてはいけないという。もし置いていくものがある場合はトランクの中へ・・・。だから当然ステレオなども取り外しのできるもので車から離れるときは外して降りる。そうまでしてもまだ泥棒さんは狙ってくる。扉に振動を受けただけでケタタマシイ音が出る“アラルマ”という装置をつけている車は多い。誰かが開けようとしたり、時には側をトラックなどが通っただけで反応することもあるらしい。そうなったらロックがかかりエンジンもかからないようになっている装置なのだ(高価なアラルマになると衛星と連携してどこにいるかもわかるようになってるらしい)。わたしも一度間違ってさわってしまいその“ケタタマシイ音”の餌食にあった事があるが、かなりあせってしまうものだ!(汗^^;)。
たとえば車の事に関してだけでもこれだけの注意をはらうべきな様で、治安の良い悪いが違うということは、こういうことなのだと改めて考えさせられる。アルゼンチンでは“気をつける”という事にどうやら“過ぎる”ことはないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジンクス

別に信心深いわけでも、何かに“はまっている”わけでもないが、人間が弱いのか、軽い強迫観念からかジンクスやゲンを担ぐことがよくある。キリスト教徒でもないのに、13日の金曜日には気をつけなきゃ~とか、“4”とか“9”の数字には敏感になっちゃったりする。アパートや病院では4号室や9号室はない。でもこれは「死」とか「苦」から来ているので日本だけの物だろう。
アルゼンチンでは“13日の火曜日”が最悪の日なのだそうだ。金曜日だったらキリストさんが云々って言うのがあるけど、なぜ火曜日がダメなのかは未だ聞きそびれたまま・・・。
[Martes 13 , no te cases ni te embarques]・・・『13日の火曜日には“結婚”も“乗船”もしない方が良いよ』と言う意味だそうだが、そういう風に言われるほど、とにかく13日の火曜日は大凶の日らしい。この情報がインプットされた私はまた一日気をつけなければならない日が出来てしまった・・・(ー_ー)!!。
おやおや9月にあるではないか・・・13日の火曜日が!でも結婚も乗船もしないので、大丈夫!?!?!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

やはりありました。

telefonoJPG
先日お国柄の話をしたが、りんごが乗った電話ボックスを見つけた!
雪国らしく、(冬に多少雪が積もっても問題ないように)階段つき!
ポストといい今回の電話ボックスといい、なんとも可愛い!
青森県はさすがりんごの生産量が日本全国No.1とあって結構何にでもりんごが使われていると思う。

「アルゼンチンの公衆電話は“まともな(?)”のが少ない!特にブエノスアイレスのはどこかに支障がある。ガラスが割れていたり、落書きされていたり、不通だったり。。。これも“お国柄”だよね!」とは友人の談。
昔はブエノスアイレスのポストも赤かったそうだが今はブルー。25センターボ以上を入れて使うのだが、たくさん入れても、通話時間が短いからといって返金はしてくれないみたい。市内で見かける電話はやはり「これ生きてるの?」と言いたくなるようなキチャナイ電話がいっぱいあったが空港などではキレイに並んでいる。
日本では最近携帯電話を持ってない人がいないくらい普及しているので電話ボックスは消えつつあるが、これが結構不便だったりするんだよなぁ~。

ポストについては、フィンランドにいる(?)サンタさん宛の赤くてすごく大きい専用ポストがグリーンランドのヌーク市にあるそうだ。こういうお国柄は夢があって良い!
またアルゼンチンでも各地方ではその州を代表するものの絵や模型などがあるようだ。
ミシオネス州はマテ茶、コリエンテス州はドラード(魚)、メンドーサ州はブドウ、チャコ州はコットン等だとか・・・。
今度旅行する時はそういう『お国柄』ならではのものがないか気を付けて見てみるのも面白いかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

金属探知機。

普段はあまり飛行機に乗る機会はないが、たまに利用すると金属探知機を通る時いつも緊張する!
自分はなにも悪いことはしてなくても、「ピンポン~」と鳴ると、「え”っ」と、固まってしまう。
かつて、アトランタで私自信は、鳴らなかったんだけど、手荷物(バッグ)がなってしまった時があった。
そうなると、係りの人は何が原因でなっているのか見つかるまで探しまくる。結局さんざん探しまくった結果、ソーイングセットの小さなハサミだった!それからというもの、裁縫セットも、化粧ポーチの中のハサミやカミソリも、必ずトランクの方に入れるようにしている。前回のニューヨーク・トランジットではそれを教訓に通ったら、今度はわたしが鳴ってしまった!事前に身につけてたものは外したつもりなのに、何が鳴ってるのか不思議だった・・・と思うのもつかの間、髪の毛に大きな金属製の髪留め(髪飾り)をつけているではないか!まったく間抜けな話(ー_ー)!!
外国で探知機が鳴ると言葉の不安もあるのでホント緊張する。今回のロサンゼルス・トランジットでは、経験を生かし(?)無事通過できたが、やっぱりどこか間抜けな私である。成田出発時、最近は液体の検査があって、水だろうがお茶だろうが、ペットボトル等に液体が入っていると、止められて調べられる。当然変なものではないので、問題ないのだが、イチイチバッグから取り出し検査されるのは良い気分ではないし面倒~。ところがそんなこと、帰りの便に乗る頃には、3週間も遊びまくり、すっかり忘れてしまっていた私・・・。なんと機内持ち込み用手荷物の中に水を二本、しかも奥の底~のほうに、ペットボトルを入れ込んでしまっていた。成田到着時、「液体が入ってますね!」の問いに「あっあぁ~」。「もう一本ありますね!」には「えっ?はぁ~」で、いらなく時間を食ってしまった。やっぱ、間抜けである。いつまでたっても、このドキドキは続くのだろうか・・・。

その金属探知機のことで今日、面白い話しを聞いた。
ある人が飛行機に乗るときに3回連続で探知機が鳴ったそうなのだ。もちろん身には何もつけてないので、鳴るわけないのになぜか鳴ってしまうと言うのだ。何で鳴るんだろう~と考えた時、その人曰く、「どうやら毎日“ナスの味噌漬け”を食べているからではないか」というのだ。たしかにナスの漬け物を作るときに色がキレイに上るようにクギなどを入れるがそのせいで鉄分が多く含まれている???果たしてそれが原因(体の鉄分)で、反応するのぉ~?「えーーーーーーー!そんなことあるの~?」と、叫んでしまったものの、本当のところはどうなんだろうか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »