« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

今年1年・・・。

今年1年いろんな事があった。病気、ケガ、事故、身内の不幸、精神的なダメージと決して良い年だったとは言えないけど、時には良い事もあった。まぁ、人生辛い事もなければ、幸せを感じれないものだとポジティブに考えようか。また、今年は旅行する機会も多かった。秋田・岩手(湯瀬、竜泉洞、三陸、浄土が浜など)、札幌、東京、福岡へ、海外では5月にアルゼンチンに行ってきた。こうやって書き出してみると結構あるなぁ~。ある意味激動の1年だった・・・。
patagonia
JALのSKYWARDという機内誌がある。Tannyさんが当地を訪れたときに持ってきてくださった物でその11月号に南米パタゴニアが“風が生まれる大地”とのサブタイトルで特集されていた。パタゴニアは私も3年前の10月に行った事がある。真夏のような賑わいはないけれど、あまり大きくはないカラファテの空港を降り立った時のその荒涼とした風景は今も忘れずに記憶に残っている。風が強く、草は枯れたような背丈の低いものが広大な大地に広がっていた。初めて見る氷河も言葉では言い表せないほどの感動を覚えた。でもやはり観光地のそれで、エスタンシア(牧場)に行っても、食事もしても、どこか陽気さがあった。
今年9月末、パタゴニア南部サンタクルス州のゴベルナドルグレゴレス近郊の未舗装道路で一人の冒険家が事故にあったのは記憶に新しい。現場はパタゴニア地方の荒野で、カラファテに向かう途中だったそうだ。この事故では同乗の女性が死亡し本人も軽い怪我をした。実はこのSKYWARDの寒々とした風景を撮影をしたのが彼だった。本誌内に彼は“かつてこの風の大地を数日間かけて自転車で通過した事がある”とコメントしていたが、アルゼンチンの大陸を、パタゴニアの自然を甘く見ていたのかもしれない。SKYWARDに特集してた写真は同じ地方なのかと思うほどの風景。白い空、岩礁にぶつかる波、放棄された船、寂寞とした風景や人々、それら自然はどこか寂しかった。たぶんこちらがパタゴニアの本来の姿なのだろうか。
それでもやはり私は、南緯50度のパタゴニアの良い季節に明るいイメージのパタゴニアにまた訪れてみたい。
今度はもっと南へ・・・マゼラン海峡、ウスアイア、ビーグル、果ては南極へも!南極の温泉に是非とも入ってきたいな~。

さてさて、今年もあと一日。『1年の計は元旦にあり』年末年始は県境の温泉地で年越しする。
南極の温泉はいつになるかわからないけど、来年は温泉尽くしの一年になるのかな~?
今年一年お世話になった皆様がた、いろいろありがとうございました。来年もまたどうぞよろしくお願いします。
そして来る年が良い年であります様に!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

Feliz Navidad !!!

irumi
とうとう今年もあと1週間。いつの間にかあと1週間。今日はクリスマスだけど娘たちが大きくなるにしたがって、家庭で家族でお祝いする事もなくなってきた。アルゼンチンの夜通し家族でお祝いするクリスマスの過ごし方を思うと、習慣の違いを大きく感じるところである。上の娘は彼氏とクリスマス。ツリーも飾らなくなってきた。ケーキも作らない。ご馳走もない。でも今日はクリスマス。気分はクリスマス。街の中はクリスマスソングがかかり、夜にはイルミネーションがきれいにデコレートされている。TVをつけても、クリスマス・スペシャル番組だし、何もしなくてもクリスマス気分になれるところがスゴイ!24日の夜、スーパーでは「迎春」の模様替えをしていた。明日になったら、お正月バージョンになっていそう・・・。子供が小さいときは節目節目にイベントがあり、成長とともに感じていた季節感も、大きくなるにつれだんだん薄れていく。それでも目を開け、耳を澄ませば、すぐそばに季節感はあるものだなとチョット感じちゃった私である。
I wish you a Merry Christmas!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

航空会社の選択。

アルゼンチンへ行くときにいつも思案するのが航空券。アナログ人間なだけにインターネットで簡単にポン!というわけにはなかなかいかない。今までに南米に3度行ったがその度に利用した航空会社は全部別々だった。選ぶポイントも時として様々で何を最重要にするかで決まってくる・・・。いかに値段が安いか。乗り継ぎでトランクを出さなくてもいいように(バゲッジスルー)。待ち時間が短い(トランジットの時間)ように。はたまたサービスが良いものを・・・・などなど。アルゼンチンへ行くためには直行便がないので、どうしてもどこかで乗り換えなければならない。
最初の旅行ではデルタ+デルタ(成田=アトランタ=ブエノスアイレス)を利用した。金銭的には安かったけど、バッグはアトランタで一度出して再度入れなおさなければならなかったし、何よりトランジットの待ち時間が7時間もあった。
二度目は初めての一人旅ということで、日本語が通じるJAL+バリグ(成田=NY=サンパウロ=ブエノスアイレス)。NYでは給油のためなので、同じ飛行機に乗って1時間ほどで出発、サンパウロからバリグに乗り継ぐときも、誘導してくれるし、なによりブエノスアイレスまで一度もトランクを出さなくてもいいので気持ち的にとても楽だった!ただ、チケット代としては他の各社に比べるとかなり高額。
三度目はバリグ+バリグ(成田=ロス=サンパウロ=ブエノスアイレス)。こちらもロスでは給油のためなのでアメリカでの滞在も短く、サンパウロでも1、2時間のトランジット。荷物も途中で出さなくても良いバゲッジスルーな上、機内食に日本食を希望する事が出来たりとサービスも良い。しかも結構格安料金。
あぁ~これはいいなぁ~と思っていたら、2006年1月14日をラストフライトに成田=ロスのバリグが消えてしまうとのこと。いろいろな理由から利用者が少なくなったからということだけど、とても気に入っていたルートだっただけに、かなり残念。これに代わって用意されたのが全日空+バリグ(成田=ロス=サンパウロ=ブエノスアイレス)。全日空とバリグはいままでも共同運航してたのでロスではちゃんと乗り継ぎを誘導してくれるそうで安心だし、比較的料金も高くない。ただバゲッジスルーではないのと、日本国内の乗継が悪かったり、帰国時の到着が今までより遅い時間になるというのが難点だそうだ。それにこちらは暫定的で3月以降はどうなるかわからないそうだけど、もっと利用しやすくなる可能性も秘めている。
現在は他にもかつてはアトランタで一度トランクを出さなければならなかったデルタ+デルタも、今では出さなくてもよくなったみたいだし、何より同じ航空会社を使うというメリットのが大きい(乗り継ぎ時に他社の航空会社を使うと先の航空会社がなんらかでトラぶったときに後の責任まで取ってくれない)し、金額的にもそう高くはない。
ちなみに、アメリカ周りではなくヨーロッパ周りや、アフリカ周りもあるけど、こちらは日本で買うと値段も高く、トランジットの待ち時間が半端でなく長いのだそうだ。アメリカ周り早いもので30時間で日本からアルゼンチンまでいけるのに対し、こちらは下手をすると40時間45時間もかかるらしい。
なにはともあれ、料金、時間、動きやすさ、安心感、サービスなどなど、何を優先して行くかで航空会社も決まるけど、事前のリサーチはたくさんした方が良いに決まってる!それらの条件はいつもコロコロ変わってるから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世界最大の道巾。

bunritai
ブエノスアイレス市内の中心を走りぬける世界最大の巾を誇る『7月9日大通り』。一番多いところで21車線もあるという!いつも思うことだが、よくこの通りを運転できるものだと・・・。たとえば日本の感覚だったら右折するなら少し手前から右折車線に、左折するなら左折車線にというところだけど、そんなものは関係ないみたい、人より先に出てガーーーーっと寄って行っちゃったり、右の方から左折しちゃったり、もちろんその中にウィンカーなんて言葉もなく、それでよくぶつからないものだと感心する(いやぁ~ぶつかってるけど・・)。そんなんだから車優先社会のあちらでは、信号があるとはいえこの大通りを渡るにはチョット勇気がいる(実は私もかつて轢かれそうになりました!)。「青になりそう~」で動き出し、「赤になっちゃう、行っちゃえ~」で、走ってくるものだから、渡ってくる人なんか見ていない!現に今までに二度ほど目前で人がはねられる所に遭遇した事もある。まぁ、渡る方も、目の前の信号を見ないで横の信号を見て歩き出してるんだからどっちもどっちと言えばそうなんだけど、どちらにしても信号を信用しないで自分の目を信用して渡ることになる。もちろん一気には渡りきれないほどの巾があり、必ずどこかの信号で一度は止まらなければならない。
大都会とはいえ、本当にあちらこちらに緑が多いブエノスアイレス。チョットした空間に公園があり、緑があり、憩いの場がある。今年、この世界最大の巾の大通りの一部車線をつぶして分離帯が作られた。Uターン禁止の看板もデカデカと立てられている。信号待ちする間のひと時、この分離帯を歩くのもいいかもしれない。およそAv.Cordobaから、calle Morenoあたりまでこの分離帯が出来たようだ(ただしサーキュラーになってるオベリスコのまわりと、車線が減少しているAv.Belgrano近辺はそのまま)。運転する側に立てば、「車線が減って道が混む!」と文句も出るかもしれないが世界最大の巾なんだから少しくらい分けてくれてもいいよね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

FURAI-BO丼

furaibo-don
ブエノスにいるMi Amigoのお店『FURAI-BO』も開店してはやいもので半年になる。
私が訪亜してからも半年が経つのかと思うと、いつもながらに時の流れのはやさを感じる。
ありがたいことに知人友人多くのお客さんに来ていただいて彼も毎日何とか頑張っている様子。
ラーメンに関しては、まだまだ問題点があり、いまだ開発途上・・・。でも、頑張り屋の彼のこと日々研究研究でいつの日か誰もが美味しいと思えるようなものが出来上がると思う。
ところで問題のラーメンはさておき、最近、にわかに評判のメニューが出来たとか!
以前から少しずつ増やしていき、いずれは寿司や天ぷらも出すとは言ってたけど、それがなかなかの好評だとのこと。中でも『風来坊丼』と呼ばれるドンブリものとお味噌汁のセットは人気も高い。ご飯の上に特製ソースがかけられその上にトンカツが乗っているのだけど、そのご飯がポイントで、手もみした焼き海苔をご飯の中に混ぜ込んであるとのこと。一口食べたときにその磯の香りが口の中に広がりカツとの相性がなんとも言えず絶妙なのだそうだ。その他、ホタテの天ぷらや寿司なんかもあってメニューの幅もどんどん広がっていくようだ。susi
先日、友人たちがFURAI-BOでパーティーをしたときには写真のような素敵に飾り付けられた寿司桶が出てきて、味もとても美味しかったと喜んでいた。
半年前、開店寸前でやむなく帰国の途に至った私だが、もとより、広々とした店内の、なんともいえないこの店の雰囲気が大好きだったので、さらに次々とバージョンアップしていくAmigoのお店のこれからが楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今年のハカランダ。

jacaranda
ブエノスアイレス市内のハカランダは11月頃から咲き始め、遅咲きの地区ももう満開。早く咲いたところでは花びらも散って紫の絨毯が敷きつめられているだろう。ハカランダの満開は写真やビデオでしかみた事がないけど桜の花見のように木陰でお弁当でも広げながらピクニック気分もいいなと思っちゃう。ユラユラ揺れる木洩れ日の中、ときおり吹く風はさぞ気持ちがいいだろうな。・・・なぁ~んて想像して。なんと贅沢なリラクゼーション!実際は車どおりが多く、そんなもんじゃないのかもしれないけど、“いつかは!”と、また夢膨らませてしまう私である。
この大好きなハカランダの写真を毎年送ってもらってるが“この木が市内で一番形がよく、きれいに花をつける”と同じ木の写真も送ってもらっている。それも今年で4年目。(HP内「アルゼンチンの木々花々」)
さてさて今年の咲きはどうかな?例年の咲き具合と比べてみてみるのもまた面白い。近年、世界中で異常気象がさけばれ、各地で様々な災害や普通でない自然の流れがおきていたりしている。その影響かどうか、なんとなくスキマがあるんだ~なんて友人は言うけど、満開に咲いたハカランダはやはり最高!また来年もきれいな花を咲かせてね!(今年のハカランダもHP内に数枚掲載

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夜明けのオベリスコ!?

oberisco
なんだ、ありゃぁ~・・・声が出ない。
ブエノスアイレス市内、7月9日大通り(9 deJurio)の、ど真ん中にひときわ高くそびえているシンボル『オベリスコ』。12月1日早朝忽然と現れた真っピンクのカバー付き!純白のオベリスコの下から先端までがピンクの特別な布で覆われている。ここを通りかかった人は皆、目が点!
この物体、よく見るとなんとコン○ーム!どうやら政府イニシアチブのもと、エイズ撲滅を訴えたもののようだ。それにしても、なんと突拍子もない発想!日本じゃ到底考えられない。
同じ啓蒙運動でも、たとえば大きなビルに特大写真を貼るとか、映像を流すとかは想像つくが・・・。
まさか市内のシンボル(さしずめ日本で言えば東京タワー)に超特大オベリスコ純正のコン○ームをかぶせるなんて、しかもどっピンク!インパクトありすぎ!
いやいやいや、、、アルゼンチンは朝も早くから、まったく元気がいいです。栄養ドリンクもいらないね!

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

Mate/Jose

mate
今日から12月、昨日あたりから一気に冬らしくなり、まるでここはパタゴニアか!と叫びたくなるような木枯らしの襲来。雪こそチラチラ程度だけど、マジ寒くなってきた(ぶるるる)
そんな寒~い時にはやはりマテ茶が最高で、芯から温まるようなそんなお飲み物!
マテ壷にジェルバ(葉)を入れて、ボンビージャ(専用ストロー)で飲むのが一番なんだけど、基本的に面倒くさがり屋の私には、マテ・コシード(パック入り)がお似合い。そんなお手軽マテにも、いろんな種類があってチョット高級感あふれるものもある。それがこの『JOSE』というブランド。
このあいだ訪亜した時に「こんなのがあるんだって~」と教えてもらったのだが、そんじょそこらには売ってない。
どうやらスーパーJumboにしかないというわけで店内を探しまわったあげくついにGETしたという次第。
このマテ茶は『体を内側からキレイにする』というコンセプトで作られた100%オーガニックのマテ茶。
マテ壷がなくても飲めるように、茶葉をカーゼで包み込むように仕上げた高級感たっぷりのティーバッグ状のもの。お値段もマテ茶にしては高価で20袋入りで1箱およそ22ペソ。500g入りのジェルバ・マテが2、3ペソで買えるのを考えるとかなりお高い!
この『JOSE』、マテ茶ほか16種類のハーブティーを揃えており、日本進出も秒読み態勢に入っているそうだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »