« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

チャレンジ!

sikisi
冬季五輪トリノ大会も幕を閉じた。
時差もあり、なかなかリアルタイムで見ることがなかったけど、フィギュアスケートをはじめ記憶に残る名場面も多々あった。どちらかというと、ベテランというよりは若手の存在の印象が強かったせいか、この大舞台では、精神的なものがいかに大事かを改めて感じた。
学生の頃、名誉教授だった今は亡き、往年のゴールドメダリスト南部忠平先生(1932年のロサンゼルス五輪、三段跳びのゴールドメダリスト)に卒業の際、色紙に一言書いていただいた。“克己”という文字、己の欲望に打ち勝つことは、好奇心の強い私にとってなかなか難しい課題である。

その好奇心の副産物でただいまスペイン語のお勉強中!第一回目の今日、いきなり動詞の活用で大きな壁にぶち当たっている!なんちゃってカステジャーノで、おしゃべりするのは何とか通じても、理屈を理解するのは大変。
本を読んで、TVを見て勉強するのにはやはり限界がある。せっかくのチャンス、頑張ってチャレンジしてみようと思っている!
それにしても、スペインのスペイン語と中南米とでは違いもあって、戸惑う事も・・・。
「何番ゲート(飛行機の)ですか?」という設問が「por que puerta?」 と、書いてあったので、(アルゼンチン風だと)「なぜ、ゲート?」なんて訳しちゃって意味不明・・・。どうやらスペインのスペイン語とは違うところもたくさんありそう。発音や抑揚も違うし・・・。これは津軽弁と鹿児島弁ほどの違いがある???

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

買いました!全自動

うちの洗濯機は2.2kgの二槽式。壊れたら買おうと思いつつ10年、ありがたいことに20年たっても壊れない。先日どうしても欲しくなってついに念願の全自動洗濯機を買った。確かに子供が小さくまだオムツを洗っている時などは二槽式が便利なのだけど、もう少し大きくなって洗うものも増えてくると2kgじゃ洗濯だけでも重労働。
それでも我慢して使ってたんだけど、今頃になって変えるのも遅すぎだけど、毛布一枚洗えない洗濯機ではやはりあまりにも不経済と思い、意を決した!(壊れていないものを、買い換えると言うことに、抵抗を感じるのもなんとも貧乏症で・・・)
最初、縦型でドラム方式のいわゆるコインランドリーで置いているような今流行のものが欲しかったんだけど、お値段が張っていて、まだまだ我が家には高嶺の花。悩んだ挙句、年式落ちの普通の全自動洗濯機を買うことにした。それでもなんと7kg!何でも入るぞ~とひそかに喜んでいる私である。アルゼンチンの家庭では結構この最初欲しかった縦型を見かけるんだけど、友人の言うには、洗うべき洗濯物が見つかって途中から入れようと思っても縦型だと水が出てきちゃうので入れられないし不便だよとアドバイスをもらった。せっかく買うのだから・・・・と縦型に固執していた私は「おぉぉなるほど」と納得して、めでたくご購入のはこびとなったわけである。
風呂水も使えるし、一気に終わっちゃうし、「終わったらブザーで呼んでくれる~」と喜んでいると友人たちに笑われてしまった。こんなに楽チンなら辛抱してないでサッサと買えばよかったと思う今日この頃である。

洗濯話でエピソードを一つ。
ブエノスアイレスに滞在中、洋服は街角にある小さなランドリーに出していた。
あるとき「何時に仕上がりますか?」と言う意味合いで聞いたところ、お店の女性「a la una!」との返事。
ナンチャってスペイン語の私、正解は「午後1時」なのに「1時間後」と勘違い。行ってみると「no ! a la una !」と、再度さけばれてしまった。一瞬「ダメ!洗うな!。。。エッ?」と思ったが次の瞬間すべてを悟った。
その後友人と会ってその話をしたら、「取りに行くのは明日で良いよ」とのこと。時間を気にしない文化もまた笑い話の一つになった。

ところで・・・。
今、夏真っ盛りのブエノスアイレス、そのセンターの一角にホタルが!!!!!
市街地とはいえ、そこここに緑の多いブエノスアイレス市内。
その緑を求めるかのようにホタルの群れ(とはいっても4・5匹だが)が夜のしじまに飛び交っていたそうだ。
ホタルは水や空気がきれいなところにいるのだと思ってたけど、ブエノスがきれいになったのか?はたまたホタルの生態が変わったのか?チョット驚きのお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サン・バレンチン

choco
今日は世界的にバレンタインディー!
我が家の娘は、今年もせっせせっせと製作しましたチョコレート。
現在東京在住のお姉ちゃんがいたときは一緒になって家中、チョコレートの香りを充満させながら、あ~でもないこ~でもないと作ってたけど、今年はお友達と生チョコに挑戦。形はどうでも、気持ちのこもったチョコは美味しい!
以前、お姉ちゃんと一緒にチョコケーキを作った時があった。彼氏やお友達にはきれいにカットした形の良いお菓子をラッピング!はじいた周りの端っきれを、「お父さ~ん!はいバレンタインディー!」と渡してた。
甘いものが大好きなうちの旦那!娘たちにもらったケーキを「ありがとーーー♪」と、大喜びしてたなぁ~。端っ切れだとも知らずに。。。
アルゼンチンの友人にもうすぐバレンタインディーだけど、そっちでもチョコとか送るの?って聞いたら「それはなに?」と言われた事があった。アルゼンチンにはバレンタインはないのかと思ってたら、14日になって「今日は、サン・バレンチンだよ!」なんていうので、そのときはじめて、そう発音するだと覚えた。まぁ、チョコレートは日本の商業ベースに乗ったイベントだろうけど、あちらでもお花くらい渡すのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »