« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

地球を半周した小包。

昨年の暮れ、アルゼンチンにいる友人に二つの小包を船便で送った。
クリスマスやお正月にかかると、ただでさえ時間がかかるので、できるだけ早めに出そうと思いつつ、一つは12月10日前後、もう一つは20日前後になってしまった。通常、日本=アルゼンチンの船便は2ヶ月くらいで着くので、到着は2月の中頃かと思ってたが、やはり年越しを挟むといつもより時間がかかるようだ。先日3月に入ってからようやく届いたとの連絡が来た。しかも、後から送った分はクリスマス間近だったからか、もっと時間がかかり、結局3ヶ月以上もかかった計算になる。今まで、荷物を送って着かなかった事がないので大丈夫だとは思いつつも、あまりに到着を待たされるとついつい不安になっちゃう・・・。
ブエノスアイレスでは大抵のものが手に入るけど、美味しい日本茶と海苔はないとのこと。また、日本食材もあるとはいえ高価だし、なかなか手に入りにくいと思う。以前、日本食材屋さんを訪ねビックリしたのが海苔の佃煮「ご○んですよ」が日本では200円以下で買えるものが600円くらい。貨幣価値を考えると感覚としてはその三倍高い。いくら好きでも海苔の佃煮に2000円弱も出せない・・・。
今まで頼まれて送ったものに、意表をついたものがいくつかある。日本にいてはあまり買わないもの・・・。
一つは「納豆のもと」。納豆はスーパーに行けば100円もしないで売っているので、手作りしようなどと思った事もなく、そのようなものが売っていることも知らなかった。
次は「コンニャクのもと」。こちらも探した探した~。どちらも日本では一ヶ所しか置いてなくて、卸元から送ってもらって購入した。
これらのものは通常買わないものなので、友達に聞いたりして探してたため、その友達と今度は何を頼まれるだろうね~と、楽しみながら探したことを思い出す。
で、次は「モナカの皮」だった。中にアンコだけでなく、アイスクリームを入れても美味しい。こちらはカサは高いけど、軽いので湿気さえ気をつけたら、比較的安くで送る事が出来る。
頼まれたものだけでなく、その他にも送って喜ばれるもの、いろいろあって考えてるだけでも楽しい。。。
アメリカに友人がいる友達なんかは“インスタントラーメンを送ったら喜ばれたよ!”と言っていた。
また、食べ物だけでなく、マンガや小説、TV番組を録画したビデオなども・・・。

船旅は長いので送るためには途中、荷崩れしないように、水に濡れないようにと、しっかり梱包して、準備するので、送り届けるのも大変だけど、とても喜んでくれるのでおくりがいもある。
それに、友人からも、海外のめずらしいものを送ってくれたりしてくれているので、こちらもありがたく感謝している。
「情けは人のためならず!」これもGIVE&TAKEなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

食の安全・安心

久しぶりにセミナーなるものに参加してきた。
関心事で、機会があったなら、自分の幅を広げるためにも“聞くこと”は好き。
今回のお題は『農産物のブランド化をどう進めるか』というもの。
ここ青森県にも、りんごをはじめ、にんにく、ごぼうなど、いろいろと特産物があるけど、新しく商品のブランド化を進めていく上でどのようなことを考えていけば良いのかといった感じのお話だった。
もちろんどの商品についても、販路を広げるために試行錯誤し工夫がされることは必要不可欠な事項。
ただ販売力をより一層つけるためには特定の生産者や業者だけでではなく、これからは生産者、業者、行政などが連携して、消費者の要望にこたえるブランド化を目指していくべきだとのことだった。
さてさてその消費者のご要望だけど、なんと言っても食品に対する「安全・安心」に対する意識が大きいところである。販売側は品質の保持や、安定した生産が求められ、そういった条件がひいてはブランド化につながっていくのだろう。
さてそんな中、農産物のブランド化のほかに、推進しているシステムを持つ自治体がある。
『トレーサビリティー』・・・生産農家の生産データ追跡システム。
携帯電話を利用したシステムで、店舗に置かれている商品の詳しい情報がわかるようになっているというもの。
【「顔と暮らしの見える産直品」を「より安心とおいしさ」】ということで、お肉の産地、加工日、加工者のみならず、生産者の横顔(?)までもが紹介されている。またそのHP内では農水畜産物の産地や栽培履歴、産直品の紹介、食の安全情報が載せられている。
まさに、食の安全と安心が売られていて、消費者のニーズにこたえられている販売形式だといえる。ただこれは、生産者の携帯から情報が漏れなく送信され、農協で集計管理し、経費もかかるので全国的に広がっていくには、まだまだ難しい点も多くあるようだ。

その話を聞いていて、牛肉で有名なアルゼンチンの、あるレストランの話を思い出した。
ブエノスアイレスにある、最高級レストラン『LA CABAÑA』。
lacabana
このレストランで出されている牛肉は厳しく管理されている。
肉を注文したお客様には牛肉の生産者カードが渡され、そのカードにはデータ記録が書かれている。
牛がどこの牧場で、どのように育てられたのか、さらには検査した獣医師の名前まですべてがわかるようになっているとのこと。日本でもレストランに入り、メニューにカロリー表示がされているのは良く見かけるけど、食事が運ばれてくるまでの間に、そのデータを見るなど、このようなシステムがあると、レストランだけでなく、生産者の宣伝にも大きくつながることだろう。
何事も連携が大切だということかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »