« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ビジャ・ツアー!

いつも、アルゼンチンからいろんな話題を送ってきてくれるTio Oso(クマおじさん)が、なんと今回は『Villa 20 Lugano(ビジャ・ツアー)』に挑戦。以前から現地の新聞などにツアーのことは載っていたようで、幾度となく話しには出ていたのだけど、やはり“スラム街・ツアー”のこととあって多分に危険だろうと思われる。が、クマおじさん!それがとうとう行ってきちゃったわけ・・・。
このツアーは特にアメリカやヨーロッパなどの観光客向けのものらしく、考えているよりずっとガードは確かな様。また、今までに海外のテレビ局や雑誌記者などのマスコミ関係の人も来ていたそうだ。
昨年5月、ボカ対リーベルのサッカーの試合をボカ・スタジアムで開催したとき、私は運良くチケットが取れて見に行ってきたのだけど、そのときも“危険”という二文字が頭をかすめた。だけど多少金額が高くなっても安全に観戦するツアーがあって(「ドアからドアまで」連れて行って帰ってくきてくれる)安心して見にいく事が出来た。それと同様、このビジャ・ツアーも結構“値”ははるが、かなりガードが固く、カメラなどの持ち込みもOKだったとのこと(ただし、写せないところもある)。詳しくはTio Osoのコーナーでみてください!

Cartoneros2
その中で、ビジャに住むアルゼンチン人はカルトネロスで、生計を立てているという話があった。Cartoneros(カルトネロス)とは、Carton(ダンボール?)や紙、プラスティック、ペットボトル、ビンなどいわゆる資源ゴミの回収者でリヤカーのようなものをもって、専用の列車に乗り、セントロ(ブエノスアイレス市内)に来て持っていく。写真はそのCartoneros(カルトネロス)の電車(写真提供;マリアさん)。この電車は Linea San Martin(ライン サン・マルティン)を走っているものだそうだ。郊外には自転車を乗せられるスペースのある電車が走っているそうだけど、この電車も自転車ならず回収に必要な“リヤカー”を乗せられるスペースがあるとのこと。なかなかキチャナイ!
Cartoneros1_1

日本では資源ごみのリサイクルのため、各地域でゴミの分別(弘前は12種類に分別)がされ、環境に対する意識が高まってきている。アルゼンチンでも当初、生きていく術としてゴミ集めをはじめたようだが、今年2月はじめに制定された「ゴミ・ゼロ法」は、ゴミの発生を抑え、さまざまな資源を分別してリサイクルを促進するために政府をあげての試みとなっているようだ。組合化し、非政府組織の参加型としているようだけど、現存しているCartoneros(カルトネロス)の意識はどうなんだろう・・・。
ゴミが日本のように各家庭で分別されている場合(ドアからドアへ式の回収)問題ない事も、現実には道路にまとめて捨てられているゴミは、Cartoneros(カルトネロス)回収の際ゴミ袋から資源ごみだけを取り出し、もって行くところまでは良いのだが、中身をばらまいたら巻き散らかしっぱなしだとか・・・。これじゃあ、カラスより悪い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大好きな港町!

Puertomadero
アルゼンチン・ブエノスアイレスの東側、大統領府の裏っかわとでも言おうかそんな開発地区であるプエルト・マデーロ。初めて行ったときからオシャレな街並みで大好きな地区の一つ。もともと港のレンガ倉庫だったのを、お店やレストランに変身させた場所で、いつも思うのが小樽の運河に似てるなぁ~ということ。あそこも、倉庫街を開発した地区で、まさにオシャレそのものに変身した街。内装も凝ったレンガ造りのレストラン、喫茶店があるところも同じ。(小樽は他にもガラス工房やオルゴールの館、ヨットハーバーなどもあって機会があればまた行ってみたい。)
最近、ブエノスにいる友人たちのお話を聞いていると良く出てくるのがこの地区で、今でもどんどん開発の手が入っているそうだ。私はまだDIQUE(ドック)の東側には行った事がないけど、マンションやホテル、タンゴショーなども続々出来つつあるとの事。本来は日本で言うところの第一種住専のようなところでショッピングモールなどは建てられないとかなんとか・・・。だけどこれだけ住まいが立ち並ぶとそうも言ってられないのではないだろうな。教会もあるし、自然公園もあるし、住環境は最高!ただこれだけ進んできたんだけど、交通の便が悪いみたいで、地下鉄はもちろんきてないし、コレクティーボ(バス)もあるのかなぁ~。
我が家があるところも弘前の中でもそんな感じのところで、住宅専用地域、閑静な住宅街なんだけど、交通の便がメッチャ悪い。バスなど1時間に1本あれば良いほうで、車がないと不便この上ない。プエルト・マデーロと弘前を比べるのもどうかだけど、新興住宅街のサダメか!

この地区の北のはずれは海の玄関口でまた違った意味で活気にあふれている。
神戸や、横浜、長崎、小樽、など港町が大好きな私。お国は違うけどこれらの港町とどこか似通った雰囲気のプエルト・マデーロはお気に入り。実は美味しいアイスクリーム屋さんがあるから大好き!?!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カモシカ注意!

2004年4月12日に開設したHP『QUIERO IR A LA ARGENTINA』。
早いものでもう少しでまる2年が経とうとしてる。
知らず知らずのうちに7000以上ものアクセス!今までお越しいただいた皆さん本当にいつもありがとうございます。
最初は一気にハマッテしまったアルゼンチンの“楽しかった旅行の思い出を残したい!”と自己満足ではじめたホームページ。旅行記が終わったらおしまいか!と思いきや、今では“もっと知りたいアルゼンチン&ラテン”という感じで、好奇心旺盛な自分自身、アンテナを張り巡らして日々楽しく更新している。また、ありがたいことにどんどんできるラテンの輪の中、たくさんの友人・知人がいろんな情報を送ってきてくれるので、最新のニュースや新しい発見を持つ事ができ、ありがたく感謝している。そのことを受けて、南米への思いもまたまた募り、HP作りがもっとおもしろくなってきた。(いつもありがとー!)これからもマイペースで遊んでいきます(運営)ので、よろしくお願いしま~す!

さて、先日およそ200kmの道のりを久しぶりに運転した私。市街地を過ぎると街中ではお目にかからない標識に出くわす。写真がその一つだけど、こちらは「カモシカに注意!」。確か日本カモシカの北限が青森だったと思うので、北海道にはいない動物である。(実はこちらに来てはじめて動物広場で見ました。)走行中は未だかって見た事がないけど、どうやらいるらしい。。。Kamosika_1
以前、北海道を函館から札幌まで車で移動した時「キタキツネ注意!」の標識があった!そのときは、走行中マジいたんです!尻尾のふっと~いキタキツネさんが・・。意外と小さかったなぁ~。どこにでもあるんですね、こういう標識って。しかもその土地柄が良く出ている!
そういえば、ところ変わってアルゼンチンのパタゴニアでは「グアナコ注意!」の標識があった。とはいっても文字が書かれているのではなく、グアナコらしき動物の絵が描かれてた標識なんだけど、どこの国にもあるのだなぁ~と思ったものでした!また、ブエノスアイレスの郊外に出ると確か「牛に注意!」みたいなのもあったような気がする。確かに、走っているとどこからともなく牛さんがトコトコ歩いてくるんです~。日本と違って郊外などは特に思いっきり高速で走っているので、ぶつかったりなんかしたらモウ~大変です!

津軽弁の笑い話で・・・道路の真ん中をオバアサンがトコトコ歩いていると「オイオイ、邪魔だよ!早くいけ!」とばかりに後続の車がクラクションを鳴らす!すると「なのけんどだな!(あなたの道か?)」と、オバアサン。車はそれ以上追い越せなくなっちゃったそうだけど、さしずめこの牛さん「わのけんどだね!(私の道です!)」とばかりに堂々と歩いていくのでしょうねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »