« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

革命記念日1

Plaza_de_mayo
アルゼンチンでは5月25日は革命記念日(アルゼンチンがスペイン植民地から解放されるため、1810年5月に革命を起こした)。 昨年の同時期、ブエノスアイレスに滞在中だった。あたりは祝日ムードで、車や店先、バルコニーにはアルゼンチンの国旗がはためき、街角ではリボンが手渡されたりしてた。例年この日は天気が悪いんだ~なんていう友人もいたけど、その日はかなりの好天気で、センターは静まり返っていたところを見ると、みんな郊外へ遊びに行ってたのかもしれない。かくいう私もティグレ(水郷地帯)で遊覧してたわけだけど・・・。
今年は聞くところによると5月広場では、かなり賑やかだったらしく、有名なタンゴ歌手やフォルクローレ歌手などのアーティストによる演奏や美味しい振るまいなんかもあったみたい。おかげで世界一広い7月9日大通りでさえ通行止めや渋滞に見舞われたほどとか・・・。昨年とは大違いな一日。

さてその5月広場!写真を見て何か気がつかない???「大統領府が左右対称でない!」(後から付け足ししたとか)、「建物の横・うしろは色が薄い」(お金がなくてペンキを全部塗れなかったとか)、は結構有名な話だけど、ここにおもしろい発見が!!!
大統領府の目の前には「25 MAYO 1810(1810年5月25日)」と書かれた革命記念碑(?)が建ってるんだけど、大統領府に向かって写真のように5月広場の真ん中に立ってみると、なんとこの記念碑微妙に位置がずれている!
実はもともとは、大統領府の真ん前に、広場のど真ん中に建ってたらしいんだけど、この下を走っている地下鉄のA線を作る際、本来あった場所から“1mずれて”戻したそう・・・。

地下鉄A線は確か100年以上前に作られたものだったと思ったけど、その際トンネルのように掘っていくのではなく、空が見えてる状態で掘り進んだそうで、この記念碑は退けなければならなかったようだ。で、戻す時に1mずれて建てちゃうなんて、なんともアルゼンチンらしいというかなんというか・・・。
ブエノスアイレスの5月広場に行ってみたら、その中心に立って是非確認してみて!?

《参考サイトより転載、抜粋》(写真は地下鉄A線-空が見えた状態で掘り進んでいる様子)
Lineaa_1
De su construcción puede señalarse que fue la única obra de este tipo realizada íntegramente "a cielo abierto" e insumió el trabajo de 1.500 personas y se excavaron 440.000 m3 de tierra que fueron utilizados para rellenar las zonas bajas aledañas al cementerio de Flores y la Avda. Velez Sarsfield. Fueron necesarios para su realización 31 millones de ladrillos, 108.000 barricas de 170 Kg. de cemento, 13.000 toneladas de tirantes de hierro y 90.000 m2 de capa aisladora.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ロケーションフリー

Photo
最近、良く耳にする“文明の機器”でロケーションフリーテレビというのがある。
インターネット回線がISDNやADSLから光ファイバーにどんどん移行していく中、電話会社の宣伝にも、このロケーションフリーテレビが出てくるようになった。
私もついこの間までどのような代物なのか、その存在すら知らなかったのだけど、海外にいる友人が「日本の番組を海外で見る事が出来るのよ」というのを聞いて、チョット調べてみることにした。
東京・秋葉原の電化製品店だったらともかく、ここは田舎町。まだまだ普及もされず、一般的でもなく、需要もないので大型電気店に問い合わせても、店員ですらそのシステム、理屈が良く理解できていない。
要は、出張先や旅行先へ、PSP(プレーステーションポータブル)やパソコンだけを持っていき、自宅のテレビをライブで見る事が出来るというもの!

サポートサイトによると「外出先から自宅のベースステーションに、インターネットを介してアクセス。テレビのほか、ベースステーションに接続したDVDレコーダーなどのAV機器を「ソフトウェアリモコン」で操作。日本の自宅のDVDレコーダーに録画した番組なども、海外から遠隔操作して見られます。」とのこと。
私に住んでいる地域では放送されていないテレビ局があるが、ベースステーション(本体)を置く場所によってはそれらも見る事が出来、しかもその地域の番組も見れるということのようである。
出張先でとか、海外に行くからとか、海外に住んでいるから、とかだけでなく、たとえば、ベースステーションを沖縄に設置したら、北海道にいながら沖縄で放送されている番組が見られるということみたい・・・すごい世の中である。

システム(理屈)は、たとえばベースステーション(本体)を東京にいる娘のところのアンテナに接続し、こちら側は別売りのCD(ソフト)をインストールして、お互いに設定しあうと、たちまち“ここ”にいて東京の番組が見れるということなのだが、このCD(ソフト)にはシリアルナンバーがあるので、一枚で何台ものパソコンにインストールすることは出来ない。一台のベースステーションでカバーできるのは最大4枚まで。 ところが、こりゃぁ~いいやぁ~と4枚買って4台のパソコンにインストールしても、それらは同時に見る事が出来ないので(一台のベースステーションでは同時に4ヶ所で見れない)、あまりあっちこっち入れても無駄なみたい・・・。もう一つ、現在のシステムでは、衛星放送や2011年から始まるデジタル放送については対応されてないとのことで、それらのチューナーが、外付けで必要だとのこと。

このシステムは日本国内の番組だけが適応されているので、海外の番組を日本で見ることは出来ない。
でも、近い将来いろんな国で、そういうシステムが導入され、より一層世界が近くなる日が来るのではないだろうか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

Mi Cumpleanos !!!

Img_5825
今日はわたしの誕生日!昨年はブエノスアイレスで過ごしてた。友人がアルゼンチンの郷土料理のアサード(炭火焼肉)でお祝いしてくれるということで、お友達をたくさん呼んでのFIESTA(パーティー)だった。5月といえば日本はややもすると初夏の装いが訪れる頃だが、南半球では逆に日々寒くなっていく。あの日もやはり寒く、かといってストーブをつけるまでもないちょうど中途半端な寒さの中、FIESTAは盛り上がり、心は燃えてたように記憶する。アサード、チョリッソ、モルシージャ、炭火焼がつぎつぎに運び込まれる!ワインは大好きなアルゼンチンワインのTerrazasが飲み放題状態!
今年は家の庭で日本版アサード。お肉は真似できないものの炭火焼とアルゼンチンワインは同じ。今日のワインはLuigi Boscaのマルベック、もちろんアサードには付き物のサラダMixtaも用意してのお祝い。やはりアサードには不思議と“おにぎり”がマッチするんだよねぇ~
Cump2_1
甘いのが苦手な私は去年も今年もケーキはないけど、娘がフルーツポンチを用意してくれた。
去年のことを思い出し、またまたアルゼンチンが恋しくなっちゃったけど、冬が苦手な私、これからますます寒くなっていく“かの地”より、今のところはこれから暖かくなっていく“ここ”でアルゼンチンライフを楽しみたいと思う今日この頃である。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

ウルグアイの魂『カンドンベ』

Candombe
少し前、南米ウルグアイの伝統的な音楽『Candombe(カンドンベ)』を耳にする機会があった。アップテンポのリズム感溢れる音楽で、すっかり気になってしまった。今までにもフォルクローレやタンゴ、サンバなどいろんな南米を代表する音楽を聴いてきたけど、またちょっと違った音源でかなりインパクトがある。
この『Candombe(カンドンベ)』は、もともとはアフリカから渡った音楽で、200年以上もの間、ウルグアイ文化の重要な一部分として存在しているそうだ。そしてウルグアイに住んでいたアフリカ系黒人の祭祀に使われたそのリズムが今では街の通り、ホール、カーニヴァルなどで演奏されているとのこと。
古くはアルゼンチン・タンゴにも取り入れられたこともあったらしいので、『ミロンガ』がこのリズムに似ているのもうなずける。Milonga_1
“タンボーレス”という太鼓をたたいて奏でる『カンドンベ』の音もさながら、そのビートとリズムは体の奥まで響き、まさに“振動”が染み込んでいくようだ。
もっともっと聴きたくなった私なんだけど、このCDは入手するのがなかなか困難。ウルグアイの隣国アルゼンチンでもあまり売ってないそうだけど、今回この『カンドンベ』とそしてアルゼンチンタンゴの『ミロンガ』と数枚手に入れる事が出来た。超感激!

今日、市内運動公園のテニスコートに行ってテニスをしてきた。お隣は野球場、どうやら高校総体か何かの予選リーグでウグイス嬢は選手の呼び出し、アルプススタンドでは応援合戦が行われている。耳に聞こえてくる応援は弘前の夏の祭り『ねぷた祭り』のお囃子で、“ヤーヤドー”の掛け声に、太鼓は“ドーンコドンコードーンコドン”。この祭り太鼓、通常はゆ~~~っくりしたリズムの太鼓なんだけど、“応援”であるがため、かなりのアップテンポでたたいてる。あれっ???どこかで聴いた事があるこのリズム!そう『カンドンベ』!!!弘前のねぷた囃子のテンポをメッチャ上げると、なんと『カンドンベ』のリズムそのものじゃないかー!思わずコートで踊ってしまった・・・。ヾ(・・ )ォィォィ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »