« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

コイン・アイテム

Unpeso_1
コインを使ったアイテム、最近チョットマイブーム。かと言ってそう持っているわけじゃないんだけど、以前友人に教えてもらって買った牛皮製のペンダントなんかお気に入り!中にコインが入れられるようになっていて、海外のコインなんか入れるとオシャレ。間違っても日本の百円玉なんか入れたら電車賃入れた小さい子どものようで、様になんない(笑)。日本のお金は細工できないけど、海外のコインは頻繁に貨幣が変わる(下手すると単位まで変わる)のでいろいろ加工できちゃう。アクセサリーになってたり、靴やベルトなどのファッションのアクセントになってたり。
Ring_1
そんな私のブームに合わせてブエノスの友人は素敵なアイテムを探してきてくれた。一つはチーフリング。昔の10ペソコインを使って加工されたもので、表には馬の絵が刻印されてるけど裏を返せばしっかりと10ペソの文字が。重量感もあって使いやすい。もう一つは私の5月の誕生日にあわせて贈ってくれたペンダント。こちらは1ペソコインの加工したものなんだけど、ただの1ペソじゃない。実は私の生まれた年はちょうどアルゼンチンの革命150周年記念の年にあたるそうで、なんとその記念の年の1ペソコインを探し出してくれた。(良く見つかったものだ!)しかも、革命記念週間は5月18日~25日で私の誕生日はその真ん中の21日。この上なくいわくつきの一品!(そっか私は革命児だったのね(笑))そんなわけでこの記念コイン、ペンダントになって私の手元に届いた。

Gaucho_1
また、コインとは違うけど、以前からこんなのがあったら良いな~と考えてたアクセに、ガウチョ(アルゼンチンのカウボーイ?)が持ってる“Boleadora”(牛を捕まえるためのアイテム?)をモチーフにしたものはないかと思っていた。ブエノスアイレスにあるフレンケルズというお店で、これのキーホルダーを見つけて買ったけど、アクセサリーとなるとなかなかない。そんな私の気持ちをくんで“1ペソペンダント”と一緒にBoleadoraをモチーフにしたピアスも作ってもらってくれた。友人は気に入らない出来だったらしいけど、イメージは伝わるよ。GRACIAS!!!

ブエノスアイレスってところは、週末や休みになると、あっちこっちでフェリアと呼ばれるノミの市や出店が出る。またサン・テルモ地区などでは骨董市が開かれたり、ガレリア(商店街?)にも掘り出し物がわんさかと出ている。一度ゆっくりとそんな一角を散策しお気に入りアクセを探してみよう・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ラテン音楽の宵。

好きなものがあると、それに関連したことはなんでも知りたくて興味津々。目下のところアルゼンチンが大好きな私、ふだんはまず見ないサッカーもワールドカップでは早起きして旗振って応援してたりして・・・(笑)。残念ながらアルゼンチンチーム4強に残れず負けちゃったけど、出てくる選手の名前なんかも不思議とすんなり記憶に残り、おもしろみも倍増。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」って諺があるけど、その逆の心境で「坊主好きなら、袈裟まで恋しい」の気分(笑)。
そんなわけで、アルゼンチンそのものだけじゃなくて、その周辺にも興味が出てくる。たとえばスペイン語を習ったり、郷土料理を作ってみるなどもその一つ・・・。国民性やその風土、またはラテン文化を知ることはなかなか自分の中で幅が広がるもんで、最近少し関心を持つようになったラテン音楽を聴くにあたっては識者の説明を聞いていても共鳴を覚える。

先週末、地元のラテンの会の集まりで一泊の小旅行があった。美味しいもの食べて飲んで、一晩中ラテン音楽談義!何時間もの間、タンゴからフォルクローレなどありとあらゆるラテン音楽を聴く機会に恵まれた。そもそも1月に友人に会ったとき「“ラティーナ”に津軽にもラテンの会があると書いてあるよ」と教えられたのが始まりで、今まで南米音楽といったらPOPSのみだった私だが、今ではチョット手を伸ばしてタンゴ・フォルクローレに馴染んでいるといった次第。もちろん、かの地に行った際は有名な諸タンゲリアに足を運んでは鑑賞してきてるので、むしろ好きな方なのであるが、これまた勉強も必要で興味がないと進まない。Dvd
そんな私に、ブエノスに住んでいる友人が何ヶ所かのタンゴショーのDVDを送ってきてくれた。現地ではお店に行かないと手に入らないし、まして日本では入手不能のシロモノ。VHSと違いDVDだと画像も良いし保存もきき、まさに時代に沿った情報源。日本にいながら耳と目で堪能できるとは、まったく感謝せずにはおれない。またラテン音楽に詳しい友人からもいろいろ情報も入りまさに充実の日々である。こういった情報をたくさんの人たちと共有できるのもまたうれしくも思う・・・。
自分が何かに興味を持ち、好奇心旺盛に動くと自分の幅が広がるだけでなく、人とのつながりも広がっていく。そういうつながりって大事にしていきたい。

そういえば現在再放送ではあるが、NHKの番組で「山田風太郎・ からくり事件帖」という時代劇があるんだけど、なんとこのテーマ音楽がタンゴ。この主題歌「風のタンゴ」はCDも出てるそうで、かつて藤沢蘭子さんと一緒に日本のタンゴ界に君臨した阿保郁夫さんという方が歌を歌っているそう。西村秀人氏作詞、Coba氏作曲のこの歌、なぜか時代劇にピッタリとマッチしているのがおもしろい。
(ちなみにNHK総合6月22日から15時15分~の45分間で、9回シリーズだそうです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »