« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

忙しかった夏、楽しかった夏。

8月も後半になると、北国では大抵は涼しくなるものの、今年はまだ暑さがつづいているようだ。それでもこれから先は、一雨ごとに涼しさも増してくるのだろうけど・・・。日中はセミが鳴いていても、朝夕には秋の虫の声。子供たちの夏休みも終わり、またいつもの日々に戻りつつある今日この頃である。

時間の使い方が下手になったのか、今年の夏は、なんか忙しかった。以前は午前・午後・夜と、用事を入れても難なくこなしてたのに、それがなかなか出来なくなってきたのは、やはり年のせいなのでしょう~ね。
7月に入ってすぐテニスの試合、中旬には京都へ旅行、帰ってすぐ函館へ家族旅行、それが終わるとキャンプ、8月にはねぷた祭り、バイト、お盆、またまたキャンプ、ソフトボール大会。。。
例年、これくらいの夏の行事はこなしてたはずなんだけど、やっぱ、年を感じる。
それでも忙しい中にも充実した日々で、特に今年は長い間行きたいと思っていた京都の「祇園祭り」にも行けた事は最大のイベントだった。祇園祭りの時期が夏休み前なので、子供が小さい時は学校があって、行けなかったんだけど、私が年を取るということは子供も大きくなるということで、まんざら年月が経つ事が悪いことばかりじゃぁ~なかったということかな~。

ちょうど、祇園祭りの時期は京都でも一年で一番暑い頃なんだけど、今年は雨になった事もあり、いくらか涼しく過ごしやすかった。父の墓参りも早々にすませ、宵々々々山から、山車も見る事が出来た。今回の京都行きは他にも素敵な出会いがあった。関西出身のTannyさんと合流して祇園祭りに行くことになってたんだけど、ちょうどその頃、日本ツアーで来日していたアルゼンチン音響派のアレハンドロ・フラノフさんも一緒に京都へ。
三人で1泊2日の珍道中(?)が始まった。スペイン語しか話せないアレさんとスペイン語はナンチャッテの私との間に挟まって、Tannyさん大奮闘(笑)!いやぁ~それにしても、歩いた歩いた2日間であった。
Photo_1
ある時は“民族楽器を買いたい”と新京極、寺町通りを散策。途中、日本語で「天真爛漫」と背中に書いてあるTシャツがあり、「これはどういう意味の言葉が書いてあるのか?」との彼の問いに「ANGEL!(アンヘル;天使)」とTannyさん。「絶妙な訳だ!」と感心する私。天使の異名を持つ彼は喜んでGETした。どこに行っても音楽が付いてまわる“天使さん”である。お蕎麦屋さんに入った時、薬味の壷がいくつかあるのを見つけると、その蓋を両手に持ってリズムをとりだし、即興が始まる。食事に入ったお店に何か音が鳴るものがあるのを見つけると、すぐ即興。根っからの“音”好きを目の前で見る事が出来たひと時である。。。目的の民族楽器屋さんを見つけると、小さな小さなおもちゃのアコーディオンを持って、これまたかなり上手に演奏するので、「さすがプロだ!」と大はしゃぎ。もちろんお祭りの祇園囃子も興味津々で、楽しい時間が流れていった。
八坂神社に行った際、小さな舞台で雅楽を演奏していた。「なんて唄ってるのか?」と聞くアレさんだけど、日本人の私たちにもわかるはずもなく「さぁ~???」と首を傾げるだけ。なんかすごく興味があるみたいで暑い中しばらく聴き入ってた彼。。。翌日の朝入った喫茶店ではひょんなことから彼の口ずさむホーミー(モンゴル音楽?)を聞く機会もあり、なんか本当に“IN 京都 with ミュージック!”って感じの2日間だった。Alesan_3
次の日はTannyさんのご主人も合流して京都市内観光。金閣寺、龍安寺、太秦の東映映画村などなど・・・。道中、夫妻が観光説明。三人でスペイン語を話してるのを必至に聞き入る私はスペイン語のプライベート・レッスンさながらで、“絶対に上達した!”と、自負してます!THANKS!
そうそう、映画村の「遠山の金さんのお白州」で、金さんになったアレさんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水不足!イグアスの滝が・・・。

世界的な異常気象はいまや日常的に言われているほど。
先日もブエノスアイレスでおよそ30分もの間、雹(ひょう)が降ったそう。
降った雹は、大きいものだとテニスボールほどもあるというのだから、地上にいるものはたまったもんじゃない。運良く建物の中にいたら被害も小さくてすむけど、直撃したら大怪我は必至。車などもフロントが割れたり、ボコボコなったりでその様子を見てまたまた驚いた。。。

南米最大の滝「イグアス」。こちらは旱魃で水量が激減しているとの事。年間平均で毎秒約1500トンの水が轟音(ごうおん)とともに、高いところでは100mの高さから流れ落ちるこの滝が、今年は上流で少雨が続き、現在の流量はわずか250トンと1988年以来の少なさだそうだ。
Iguas1
またアルゼンチン側から見る「悪魔ののど笛」では滝に流れ落ちる水の量は6500t/秒もあるようだが、こちらも以前の勢いは見られない。

南米にいる知人からいただいたこの数枚の写真。ブラジル側から見る幾筋もの大小さまざまな滝は見る影もなく枯れ果て、ニュースによると流れ落ちる水が年間平均の2割以下に激減したそうで、あまりの水量の少なさに滝つぼまでのボートにも乗れないほどに見える。
Iguas2

ブラジルではこの異常な少雨と熱波のため水不足となり、水力発電所でも電気不足が生じているそうだ。
そのため水量制限を行っているようで、ただでさえ少なくなったイグアスの滝の水に、さらに影響を与えてるみたいで、なんとも痛々しい。河川管理当局者によると「平均流量に戻るのは早くても8月末とみられる。」ということだけど、なんと言ってもお天気のことなので、どうしようもないとは思いつつも、世界的な観光名所に早く活気が戻って来てほしいと願う。

写真で見ると、同じ場所でも、これほどまでに風景が違うのかと、驚くばかりである。
Iguas4_2
Iguas3_2

私が住む、弘前でもそういえば最近は雨が降っていない・・・。
生活用水のための目屋ダムでは水不足で通常の38%の水量にまでなってしまった・・と先ほどニュースで流れていた。田園地帯のこの地方では今、稲は穂が出始める時期で今週が出穂のピーク。水稲には今が一番水が大切な時期だけに、農業用水などの水不足が心配され、作物への影響が懸念されている。
このままだと、ここでも水量制限が行われることになるが、お天気だけはどうしようもないもんナァ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »