« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

ニューフェイス登場

Marvinas_1
アルゼンチンの通貨に、新しく2ペソ硬貨が加わった。
現在流通してる硬貨は1ペソと1、5、10、25、50センターボ。
紙幣は2、5、10、20、50,100ペソで、今回の2ペソ硬貨が出たことにより紙幣と両方あることになる。
紙幣だと偽札が結構あるので気をつけなければならないが、少しは安心して使えるかなと思ったりもして…。

Marvinas_2
この2ペソ硬貨、大きさは日本の500円硬貨ほどの大きさで、表はフォークランド(マルヴィーナス)が描かれ「MALVINAS ARGENTINAS 2 DE ABRIL(4月2日) 1982 」「2PESOS 2007」と刻印されている。また裏はマルビーナスの帰還兵がアルゼンチン国旗と共に描かれ「REPUBLICA ARGENTINA(アルゼンチン共和国)」「LA NACION A SUS HEROES(英雄?)」と書かれている。4月2日がマルビーナス帰還兵の日で祝日だが、2007年のこの日に発行されたのだろうか?今頃になって流通してきたようだ。
日本でも式典や、何か大きなイベント等があると、記念硬貨などが発行されるが、大きさといい模様といい、それに似たようなイメージの硬貨である。

新貨幣、日本では今は無き小渕総理が、西暦2000年の沖縄サミット開催を記念して発行した、2000円札が記憶に新しい。
そのデザインは、表面に沖縄を代表する首里城の「守礼の門」や、返すと「源氏物語絵巻」「紫式部」が描かれていて色合いも図柄もなかなかお洒落。また、 ハイテク技術を駆使した偽造防止の趣向が幾重にも凝らされていて、当時はものめずらしかったが、実際には当初ATMや自販機で使えず不便であったり、スーパーなどでも他の札と間違いやすいと敬遠され、今では滅多に見かけないシロモノとなってしまった。

日本ではこのようにある意味、経済の活性化を狙って、新貨幣が発行されたが、結局たいした効果もなく下火傾向に…。アルゼンチンでの今回作られた2ペソ!“硬貨”だけに経済“効果”はいかに!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »