« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

アグア・ミネラル・コン・ガス

飲み水は日本の場合、蛇口を“ひねるとジャー”で、いつでも飲みたい時に飲みたいだけ飲む事が出来るが、海外にいるとそうはいかない。そんな日本でも最近ではミネラルウォーターの需要が高くなり、市場でも国産から輸入物から、かなりのシェアを占めてきている。

アルゼンチンではミネラルウォーターといえば「ガス入り(agua mineral con gas)」と「ガスなし(agua mineral sin gas)」がある。日本ではこのガスが入っていないタイプが一般的だが、昨今ではスパークリング・ウォーターとして微炭酸も流行ってきた。ただたいていの場合はレモンの香りとか、ライムの香りなどが付いてたりしてるので、アルゼンチンで売られているような無味無香料のタイプはかなり少ない。
Photo_4

アルゼンチンで売られている「ガス入りミネラルウォーター(agua mineral con gas)」、通常はキオスコでもスーパーでもどこでも売っていて、手軽にペットボトル入りを購入してしまうが、“ガス入り”は本来ビンに入ったのを買う方がいい。というのもやはりペットボトルだとガスが長持ちせずに徐々に抜けていってしまう(?)から・・・。というよりビンの方が抜けずらい。
Photo_5

また飲む直前にガスを注入するシステムの「シフォン」というのもある。現在ではペットボトル入り(写真上)、ガラス瓶入り(写真中)が手軽な形でスーパー等で販売されている。
このようなものは昔からあり、ブエノスアイレス市内のサン・テルモ地区では週末行われる骨董市などにて、色とりどりに並べられた数々のガラス製シフォン(写真下)が置かれている。これらはインテリアとして売られてるんでしょうか~。
Photo_6

このようなタイプのミネラルウォーターは日本にはない。海外からおみやげで持ってかえるにしても、ガス入りなので機内に持ち込まないと運べないが、現在液体規制がかかってるのでそれも不可!日本国内でも販売するようになると、昨今のミネラルウォーター&自然食品ブームで需要が伸びると思うのだけれど・・・。
ガス入りミネラルウォーター、なんと言ってもノド越しがスッキリするんですよね。是非このシフォンのようなものを販売して欲しいと願う私である。(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

食べない農作物

農産物には何も食べるものばかりではない。県南の方に向かった際、大きな葉っぱを収穫している農家(畑)があった。周囲(弘前周辺)ではあまり見かけない光景で、何の葉っぱなのか、はっきりとはわからなかったけど、どうやらそれは「たばこ畑」のよう。おそらくバーレー種だろうとのことで、津軽地方でも太宰治で有名な金木町などでは作っている。それにしてもなんて大きな葉!
Foto1

葉たばこは、南米原産のナス科に属する作物で、葉を乾燥させて製品たばこの原料に使用。
夏の間栽培され、花が咲くとその先、栄養分や水分が使われるので、採種用栽培以外は花をつんでしまうそう。ハーブでもバジルやラベンダーなど、花が咲いてしまうと勢いが落ちてしまうので花が咲くと取ってしまうのは同じ理由なのだろう。
日本では東北から九州・沖縄までほとんどの府県で栽培されているらしいが、主に北と南が盛んだと言うのが面白い。青森県の葉タバコの生産量は全国第5位。1位は宮崎県で続いて鹿児島、熊本、岩手、青森の順だとのこと。
この葉、一枚一枚刈り取っていくのだけど、ニコチン(?)成分のせいか、やっていると洋服や手が真っ黒になってしまうそうだ。まったく大変な作業である。

アルゼンチンでもこのタバコ栽培は盛んで、ミシオネス州に移住した友人などは入植した当時のことを…「作物は良く採れる場所。特にタバコは良くハケルんだよ!」と話してた。聞くと私が見た大きな葉どころでなく、もっともっと大きな大きな葉っぱだそうで、種類が違うのか、はたまた大陸という大きな土壌が生んだのか…。
最近では入植地でも人手不足で作られなくなってきて、だんだんと短期作のものや永年作(植林)やみかん栽培に移行していっているようだ。

タバコについては健康に対していろいろ言われているが、需要を下げることは可能でも、供給を削減することは生産農家にとってはなかなか難しい問題のようだ。供給が下がれば需要もコントロールしやすくなるのだろうけど・・・。そういえばわが県でも数年前、ある町で町中の自動販売機を撤去するとかしないとかのニュースが流れてたけど、あれは一体どうなったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんなの欲しかった!

アルゼンチンの飲み物にマテ茶というのがある。
アルゼンチンへ行くと、あっちこっちでそのマテ茶を飲んでいる風景に出くわす。
公園で、家の中で、友達同士、恋人同士が語らいながら、バスの運転手、ガイドが仕事をしながら、釣りをしながら、余暇の中で・・・。

またその容器や道具もあっちこっちのお土産物やさんや露天などで、みかける。
ひょうたんや木や皮で出来たものが一般的だけど、中にはカボチャで出来たものなどもあるみたい。

日本でも飲みたいと思い、いつもマテ壺を購入して帰るんだけど、なぜか必ず割れてしまう。
湿度の問題か、飛行機の気圧の問題か、無事に持って帰ってきたと思っても、しばらくしたら、割れてしまうこともしばしば。
また、マテ壺はたいていの場合、Curadoといって、使う前にちゃんと処理をして使わないとならない。
しかもアルゼンチン人のように毎日毎日飲むわけでもないので、しばらく置いておくと、カビちゃったり、変色したりもする。

実は、前回の訪亜でラプラタ博物館に行ったときセラミカ(陶器)のマテ壺を買った。こちらは使用前の処理をしなくてもいいし割れる事もなかったんだけど、持った感触がどうにもしっくりこない・・・。

そんなときに見つけたのがこのマテ壺。
Mate

三つとも外側は牛革で出来ている。持った感触がすごく柔かい。
一番左は「テレレ」用のマテで、夏に飲むつめたいマテ茶用。中がステンレス製になっている。
真ん中は中が木で出来ているので件のCurado処理はしなければならないが、とても持ちやすい。
一番右側が外側は牛革で出来ているが、内側がガラス。
実はこんなのがず~~~~っと欲しかった!
手入れが超ラクで、Curado処理はもちろん必要なし!
乾燥、湿度の問題で割れる事も無い上に、皮の肌触りも良く、飲みやすい。

このマテ壺はアルゼンチン・ミシオネス州に住んでいる友人が持っていたもので、かねてより良いなァ~と思ってたところ、探して送ってきてくれた一品。
ついでに友人がお気に入りで飲んでいるという「マテ茶」と、「テルモ(専用ポット)」もおまけ付き(笑)!

その友人のお勧めの飲みかた…マテ壺の中へ、マテの葉のほかに、オレンジの皮と少しのアスーカル(砂糖)を入れ、テルモにはカチャマイティーやハーブなどをいれたお湯を用意して飲むのだそうだ。
Todo_de_mate

これで好きなときに、飲みたいと思ったときに手軽に楽しむ事が出来る!
横着者のめんどくさがり屋の私にピッタリの宝物と言うわけである。
今回の訪亜ではカチャマイティーもGETしてきたので、友人のお勧めの飲み方もチャレンジしてみよう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »