« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

食品ロスについて考察す。

昨今、食の安全・安心という言葉をよく耳にする。
IT産業の発達に伴い、より一層の情報・流通が行われているんですね。

そんな中、「食品ロス」という言葉をきいたことがありますか?

「食品ロス」とは、食べ残しのこと。
食卓に出された食べ残しだけでなく、加工・流通段階で傷んだり、売れ残ったりして廃棄したものや、各家庭で食卓に出さずに捨てられてしまった食品なども含まれる。

家庭では多く作りすぎて捨ててしまうということはあまり無いと思うけど、一度口をつけてしまったものや、腐ってしまったものは捨ててしまう。
冷蔵庫の中にあって忘れられた食品。
使わずに置いておいて腐ってしまった野菜。
コマーシャルじゃないけど「日付が昭和です!」なんて、冷凍庫の奥底あたりには、へたすりゃ存在するかもしれない!?

農水省の「食品ロス調査」によると一般の世帯での食品ロス率は3~5%。
ところが年末年始、あちらこちらで開かれる忘年会や新年会などの宴会ではこの食品ロス率・食べ残しは約15%、結婚披露宴ではなんと20%をこえるとされているそう。

一時はお持ち帰り用の容器が出された事もあったけど、今ではO-157などの食中毒問題もあるので残り物=廃棄となっている。実にもったいないのだけれど…。

先日、近くのラーメン店に家族で行き、娘がチャーハンを結構食べ残したため、容器をもらって持って帰ってきた。チョットはずかしかったけど、別に悪いことでもなんでもないんですよね。

皆さんもロスの事少し考えてみるのもいいかもしれませんー。

このような食品ロスは、食品資源の無駄遣い、包装容器や輸送のためのエネルギーの浪費、廃棄物として処理するときの環境への影響などの問題をも引き起こしているとのこと。

現在、これらのロスについて、飼料や肥料などへの再利用が進められているところもあり、成果を挙げている例がある一方で、外食産業では大きな改善策がみられない実態もあるという。

先日、某コンビニで期限切れになったものを、廃棄するのではなく、再利用するというTV番組があった。
------------------------------------------------
大手コンビニ各社が、販売期限が切れた弁当や総菜類を豚や鶏の飼料として再利用する取り組みを加速させている。期限切れとして排出される商品は、コンビニ1店舗あたり1日15キロにも達するといわれる。家畜の飼料に活用する仕組みが軌道に乗れば、食品リサイクルの確立に向けて一歩前進することになりそうだ。

また、期限切れ寸前の食料(弁当、おにぎり、サンドイッチ等)を、NPOの運営する食堂でメニューとして再利用(2次利用)する取り組みを始めるようだ。
------------------------------------------------

飽食の時代…しかし、日本の食糧自給率は40%をきってしまった。
そんな中、危機感を持ち、動き始めている企業もある。
日本の大豆の輸入依存率は、何と95%。(輸入大豆のほとんどは食用油に)
食品業界の代表者たちが手を組んで、南米アルゼンチンに農場を取得し、将来訪れるかもしれない食糧危機に備えて、彼の地で大豆の栽培を始めた。
日本の食糧確保の一翼となるべくして…。(ギアリンクス社)

そんな彼らの様子が一部TVで放映されます。
新春1月3日テレビ東京系列「ガイアの夜明け」にて、資源問題を取り上げた今回の番組の中で、アルゼンチン農場と大豆生産者などが紹介される予定。

飽食の時代だからこそおこる食品ロスの現状。
その反面、諸外国に頼らざるをえないわが国の食料自給率の低下。
“地産地消”“自給自足”、食品に関して掲げるスローガンは幾多もあるが、どこか矛盾した世の中を感じる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『ユビキタス社会』

最近良く耳にする『ユビキタス』

ユビキタス社会とは「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」がコンピューターネットワークを初めとしたネットワークにつながることにより、様々なサービスが提供され、人々の生活をより豊かにする社会である。というのが大枠の定義。

また、『ユビキタス』とは、ラテン語で「いたるところに存在する」という意味だそうで、現状のIT産業がさらに進化し、身の回りのありとあらゆるところにコンピュータが存在し、それを意識することなく、さまざまな情報を有する事が出来る社会を目指していくという考え方とのこと。

20年前と今とを比べると情報の速さ多さ便利さだけでも果てしなく違いがわかる。
たしかにお年寄りをはじめ、年配の女性や家庭の主婦辺りでは、パソコンを触ること自体敬遠する人がまだまだ多くいるけど、今現在では小さな子どもまでIT産業に接する機会がなんと多くあることか!

わが家の次女も物心ついたときには身近にパソコンがあったので、小学校に入る頃には抵抗感なく触れていた。今では勉強してる時間よりパソコンの前にいる時間の方が多いのではないかと懸念するほど…笑

今では、わからない事があったりしたら、辞書を引くよりまずすぐネット検索をしている自分がいるし、辞書は辞書でも電子辞書に頼ったりしている。

以前紹介したトレーサビリティー(食の安全・安心への関心の高まりを背景に、食品の生産・流通の履歴を追跡できるシステム)なんかもこの『ユビキタス』といえよう。

青森県はこの『ユビキタス』に力を入れていて、各地様々な推進プロジェクトが進められている。
たとえばこんな情報が…。

【弘前ユビキタス観光ナビ実証実験開始】
平成19年10月13日から『弘前ユビキタス観光ナビ実証実験』が弘前市内で始まりました。
この実験は、当研究会が弘前市から委託を受けて行っているもので、弘前市内約80カ所に貼られた場所情報コード『ucodeQR』を、観光客の方がお手持ちの携帯電話で読み取ることによって、その場所に関する『施設情報』『地図情報』『周りの情報』『交通情報』などを取得することができる実証実験です。

【平成19年6月にはゆきナビ利活用研究会が設立】
青森県では、平成17年度から平成18年度にかけて、国土交通省が進める「自律移動支援プロジェクト」と連携し「ゆきナビあおもりプロジェクト実証実験」を実施しました。
点字ブロックの底に埋まったICタグを杖の先で感知。目隠しした体験者を音声で誘導します。 雪の上では点字ブロックがどこにあるかわからない!でも、音声案内で段差も案内、安心して歩けます。


『ucodeQR』って携帯電話のバーコードリーダー(アプリ?)のことですよね。
そういえば5年ほどまえ、汐留の日テレへ行く階段の道々にもこれらが貼り付けられていたのをみかけたな…。
それらを見つけた時はまだ読み込めない携帯電話を所持してたので何がかかれてたのかはわからないけど、その当時TVでも紹介してたように記憶している。

マスマス盛んになっていくIT社会。
最近は殺伐とした事件事故を多く聞く中、この世界でもトップクラスの日本の技術を駆使して、より良い、住み良い社会になっていくよう願いますよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »