« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

ウマワカ~アルゼンチン~

BShi放送の『世界ふれあい旅歩き』という番組、先日はウルグアイが紹介されてたけど、今回の3月25日放送分にはアルゼンチンの北部「ウマワカ」が登場。

“南米のグランドキャニオン”といわれるほど荒涼とした山々は世界の自然遺産。
土壌に含まれる鉱物の違いにより、七色にも見えるその山肌は大きなキャンパスの様でもある。
番組では、そういった自然とその中にある村や町に住む人々の暮らしぶりを「北の国から」の蛍役の中島朋子さんがナビゲーターになってのんびりした街の雰囲気を上手に語られていた。
Photo_2
4年前の同じ時期に同じ場所を訪れたわたしは、その変わらぬ風景にとても懐かしいものを感じ、かつて旅に出たときにタイムスリップしたようなそんな心地がした45分間だった。
Photo
このあたりの家々では自家製の日干し煉瓦で家が造られていて、番組内でもそのレンガの塀が映し出されていた。
細い通り、手造りのレンガの塀、辺りところどころにあるサボテン、中でも乾したサボテンの幹で作った部屋の天井や、ランプシェードなどが、今でも思い出される光景。
Photo_3
街の中心には高台に建てられた独立記念碑(Monumento a la Independencia)がある。
ここから街を見下ろすと広々とした空間を一望できる。
この一番上にいるモニュメントを「ピルティ・ポコと大地の神」と紹介していた。
言葉はアルゼンチン特有の抑揚のあるスペイン語だけど、首都ブエノスアイレスとはまた違ったはっきりとした発音で、丁寧にゆっくりと語りかけるようなところは田舎町の風土にも合ってるような感じがした。
Photo_4
4年前、この町の中にあるとあるレストランに入った時、フォルクローレの演奏を聞く事が出来た。
ヨーロッパからの旅行者らしい一行もいて、北部の食事を楽しみながら、耳を傾け・・・。
『El Condor Pasa(コンドルは飛んでいく)』は馴染みも深い。
Photo_5

観光名所を要所要所見て回ってた私とは違い、番組の中の「ウマワカ」は、街の中を散歩するように歩いているのでまた違った北部の空気を感じることが出来たような気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

主食が不足するということ

今、アルゼンチンでは農牧業を営む人たちのストや、それに伴った道路封鎖があちらこちらで行われ、その影響から食料品の供給不足が深刻な問題となってるそう。
食料品と一口で言っても肉や乳製品だけでなく、主要都市の市場では野菜や油、はたまた原材料の不足から加工品のはてまでも影響を受け、スーパー・レストラン等においても事態は深刻な様相を呈してるとの事。

日本でも今スーパーなどへ足を運ぶと、原材料の不足(小麦粉に関わるものや、大豆に関わるものなど)から、食品の値上がりをヒシヒシと感じる今日この頃。
よく、天候や災害による葉物野菜の高騰などがあるが、そんなときは根菜類を使ったり、応用させたりして我慢も出来る。
だけど主食がないというのは、さぞ危機感を感じる事だろう。


1993年(平成5年)の大凶作、確かその年の青森県の米の作況指数は『28』だった。
冷夏、長雨、日照不足・・・いろいろな悪条件が重なり、食料自給率117を誇る米どころ青森県においても米の作況指数がなんと『28』。(例年は98~102)

流通米の不足のため、当時政府はアメリカ米や長粒米のタイ米などの外米を輸入。
国産米の供給が追いつかなくなることは明白で、国民は主食の米を求めて米穀店に殺到した。
店舗は“お一人様一袋限定”とか“一日○袋限定”とかいった販売をしていたが、そのうち軒並み店じまい。
お米が不足する中、次の年の収穫までのお米を確保するべく探しまくった記憶がある。

売られている米も、すす黒く、いいものとはとてもいえない代物だったけどだけど国産米という安心感があった。
主食である『お米』がないって、大変なものだ。
結果的には次の年は通常通りの収穫があったので、パニックは続かなかったけど、こればっかりはお天とう様の問題で未来は予想できない。

このアルゼンチンの食料品不足は天候などのやむなきことではなく、政府の政策に対する抗議ストが原因とのこと。
肉はアルゼンチンの人にとってはある意味『主食』。影響を受けるのは国民。
いろんな面であきらめ切れないところもあることと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『Don Valentin』 アルゼンチン ワイン

世界第5位の生産量、世界第4位の消費量を誇るアルゼンチンワイン。
同じ南米のチリワインと比べて、輸出量が少ないのか、商売がへたなのか、日本では希少。
実は、生産したワインのほとんどを自国で飲んじゃうんですねー。
中には日本でも手に入るものもありますが、その種類たるや果てしなく多いアルゼンチンワインです。

従来のヨーロッパ種の葡萄は、19世紀後半にヨーロッパを襲った害虫にやられてフランスの葡萄はほぼ全滅し、現在はアメリカから持ってきた品種を台木に接木して育てたものだそうで、現在は南米にしかないとのこと!チリ、アルゼンチンは唯一ヨーロッパ種の葡萄の木が残っている国なんだそうです!なんと貴重!うぅぅマルベック美味しい!

Donvalentin
そんなアルゼンチンから一本のワインが届きました。
時はバレンタイン。・・・にあやかってかどうか、その名も「Don Valentin」。こちらはBIANCHIというボデガのワインで創始者のおじさんの名前のようだけど、やっぱ名前が同じ“バレンタイン”に着いたことと符合してチョット面白い(ちなみに英語のセイント・バレンタインはスペイン語ではサン・バレンチン)。実際にはバレンタインデーのお祭り気分は日本でしか通用しないけど。笑

今回いただいたこの赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン。
どのアルゼンチンワインとも同じく、開栓して30分ほど置くと、もしくはデキャンティングすると、最初のとげとげした感じが抜けまろやかな風合いになる。なかなかのコクとパンチで、お酒を好む人にはいいかも。ハイ!わたしも生ハムやチーズと共にグラス傾けます。♪(*^^)∇

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コロニア・デル・サクラメント

昨日、何気なく新聞のTV欄をみてると、BSハイビジョンにて懐かしい文字を見つけた。「コロニア・デル・サクラメント」。
世界ふれあい街歩き「コロニア・デル・サクラメント」と言う番組。
コロニアはアルゼンチンの隣国ウルグアイにある、世界遺産に登録されている街並みで、その様子を散歩しつつ紹介するというもの。
Coronia

街並みは旧市街と新市街で構成されていて、旧市街地には古く歴史的背景が窺い知れる様相を呈している。
ポルトガル領になったり、スペイン領になったり・・・その頃の名残で、三角屋根はポルトガル様式、平らな屋根はスペイン様式と、文化が混在する街でもある。そんな屋根の瓦は奴隷の太ももで形付けられて作られているとか・・・。
また石畳にも特徴があり、ポルトガル風の通りの真ん中が凹んで湾曲したもの(雨水が真ん中を流れていく)、スペイン風の真ん中が盛り上がったもの(雨水が両脇に流れていく)といった、工夫がされている。

Coronia_3

番組を見ていて、数年前この地を訪れた時と変らぬ風景に懐かしさを感じたと共に、コロニアに住む人たちの、のんびりとしたの表情やしぐさにホッとする一場面も・・・!
「300年経ったこの建物を愛してるんだ」と語った男性が「女性以外にも愛すると言う言葉を使ってしまった!」と言うセリフなどは、いかにも情熱大陸南米を思わせる。
また、犬の散歩やさんをしている男性が「犬のしつけは女性と同じで根気強く接さなければならない!」と言い、まさに女性を大切にするお国柄がうかがい知れる。w

いやぁ~面白かったです。アルゼンチンとはまた違った、懐古の情がひしひしと感じられました。
番組の後半、通りをカンドンベ(ウルグアイを代表するリズム音楽)の演奏をしながら練り歩く一団も登場し、その軽快なリズムに体が踊り、もう一度彼の地を訪ねてみたいという思いにしばし駆られてしまった私である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »