« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

沖縄県人移民100周年

先月末8月30日(土)、わたしが北海道に行ってる間にアルゼンチン・ブエノスアイレスでは沖縄県人移民100周年の記念イベントが行われていた。
アルゼンチンへの移民のほとんどが沖縄県人で かの地では県人会ではなく村人会があるほど。

ブラジルの移民100周年記念行事が今年の6月18日にあったけど、NHKの「ハルとナツ」のような国の移民政策が始まって一世紀も経ったということなんですねー。
およそ1000人もの人が日本からチャーター便でブエノス入り。沖縄県人会館(沖連)には人があふれかえったそうで・・・。

30日には14時よりブエノスアイレスのメインストリート5月大通りにてパレードが行われたそうです。短い動画ですが友人が送ってきてくれました。

ヨーロッパ風の建物をバックに、日本文化のパレード。なんか良いですねー。

今のアルゼンチンに多くの親日家がいるのも移民された人たちの功績が大きいところです。
2011年には鹿児島県人会の100周年記念があります。
この先、他県の記念行事もつづくかと・・・。

古くからアルゼンチンと日本はいろいろと関わりを持ってきました。
市内を縦横無尽に走る地下鉄(スブテ)には、何故かかつて日本で使われていた丸の内線や名古屋の地下鉄が走ってるんですものねー。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

HOPE~ルミナリエ

先月末、北海道室蘭市で行われた、いのちのリレー【リレーフォーライフ(RFL)北海道2008イン室蘭】に参加してきました。
http://rflhokkaidou.ninja-web.net/index.html

29日まで降り続けた雨も、30日にはカラッと晴れ、イベントの間、暑くもなく、寒くもなく、風もなく、極めて過ごしやすい2日間となりました。

現在がんと闘ってる人、かつてがんと闘ってきた人、その家族、応援する人、たくさんのがんと向き合ってきた人たちが、心を一つにして歩くイベントです。
24時間という長い時間、一人で歩き続けることは無理でも、多くの人が心をつないでいくと成しえること。。。

陽が落ちて、ルミナリエというまさに精霊流しのような、想いを託した灯火が会場いっぱいに飾られました。
そしておよそ2000個も集められたペットボトルに蝋燭が燈り、想いをつづったキャンドルシェードが被せられ、サックスの音色がバックに流れます。 持って行ったデジカメで撮ったつたない動画ですが雰囲気は伝わるかと・・・とても癒されました。

本当に心残る素晴らしい2日間でした。

一昨年、日本で始めてつくばにて行われたこのRFLは、昨年芦屋とお台場で開催され、今年は全国6ヶ所で行われます。この北海道室蘭市を皮切りに、芦屋、新横浜、徳島、高知、大分。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »